ロシア・ウラジオストクへの船旅(5)<<鳥取編+旅費明細>>

【7日目】2016年8月19日(金)の続き

あっという間な気もしますが、1週間ぶりの日本です。

旅行開始から帰国までの様子はこちらです。
【T3】ロシア・ウラジオストクへの船旅(1)<< 序章 >>
【T3】ロシア・ウラジオストクへの船旅(2)<<往路クルーズと韓国編>>
【T3】ロシア・ウラジオストクへの船旅(3)<<ウラジオストク編>>
【T3】ロシア・ウラジオストクへの船旅(4)<<復路クルーズと韓国編>>
この記事はプライベートな旅行記です。
DBSフェリー乗船について具体的な情報をお探しの方はこちらをどうぞ。
【DBSフェリー虎の巻】予約&ビザ手配から船内設備まで(境港~東海~ウラジオストク)

 

まずはフェリーターミナルからシャトルバスで境港の駅に戻ります。

r-378

境港は快晴。妖怪電車がまた停まっています。

r-379

当初はこの電車で米子まで戻るつもりだったのですが、ロシア最終日に再検討し、「さすがに子どもたちがしんどいのではないか」と判断してレンタカーを手配していました。ネット予約は便利ですね。

r-380

そして朝ごはんは、出発前からチェックしていた「お食事処かいがん」へ。
フェリーターミナルの近くまで逆戻りです。


>> TripAdvisor (トリップアドバイザー)

r-381

白いかたっぷりの丼!

r-382

豪華な海鮮丼!

r-383

出発前に目玉おやじ探しに夢中になっていた5歳児は、もちろんこちらを。
とろろの下には漬けのお刺身がたっぷりでした。ああ、日本最高!

r-384

目玉おやじに感化された5歳児が描いた、Eテレのうたのおねえさん。

r-385

食後は、溜まりに溜まった洗濯物を一気に片付けるためにコインランドリーへ。

r-386

終わるまでの1時間、2歳児が寝てしまったのでわたしは5歳児とデートです。
本と雑貨の今井書店「青杏+」でブラブラして…


>> TripAdvisor (トリップアドバイザー)

r-387

2階のカフェでわたしはジンジャエール、5歳児はココア。

r-388

1時間後、洗濯物をたたんでスーツケースに詰め、ロシアのお土産と一緒に最寄りのヤマトから発送。
(ここが赤字になっている理由は最後にわかります…)

ロシアで買ったお土産については、「Travel.jp」に旅行ガイドを寄稿しています。
女子心を鷲掴み!見た目で選ぶオシャレなロシアお土産

そしてお昼ごはんは、米子図書館併設の「フルーツカフェハタノ」さんへ。
野菜ソムリエさんがオーナーの、地元の野菜や果物を使っているカフェです。


>> TripAdvisor (トリップアドバイザー)

r-389

美しいフルーツサンド、黄桃かと思いきやマンゴーでした。
季節のフレッシュジュースやアイスが付くセットで1,200円(単品700円)。

r-390

クラブハウスサンドセットは1,100円。

r-391

子どもたちもこの食べっぷり。日本最高!(2回目)

r-392

駐車券にハンコをもらうために立ち寄った図書館であやうく足止めを食らいそうになりましたが…

r-393

なんとか今日のお宿「海湯のやかた 夢寛歩 皆生に到着!

⇒【楽天トラベルで予約】 海湯のやかた 夢寛歩 皆生

写真撮影の影が写りすぎ!

r-394

夫と2歳児はレンタカーを返すために駅前にいったん戻り、わたしと5歳児はのんびり。

r-395

お部屋からは大山が見えます。

r-396

2人が戻ってきてから温泉に入り、花火も!

r-397

r-398

そして夕食は、お食事処で夏会席。
南蛮漬け、甘えび、ハマチ、サーモン、そうめん。

r-399

茶碗蒸しの銀杏は缶詰。
1泊1万円しない宿なので食材にお金がかかっていないのは仕方ありませんが、それでも「予算内でよりおいしく彩りよく多品目に」というおもてなしの心が感じられるお料理でした。日本最高!(3回目)

r-400

天ぷらもキスとかですが、おいしく揚がってます。
「鳥取のごはん最高!」と、5歳児。

r-402

蒸し物はムール貝やとうもろこし。

r-403

地元の北条ワインは甘口で、デザートワインに近い感じです。
食前酒か食後酒のほうがよかったかな。

r-404

食後は子どもたちのお楽しみ、駄菓子コーナーでおやつを物色。

r-406

この値段だと、予算100円でもいろいろ買ってあげられるのでいいですね。
20円の同じお菓子を5個買う5歳児、わたしの理解を超えています。

r-405

お部屋に戻ると、ふかふかのふとん。これぞ和風温泉旅館。

r-407

しばしお菓子パーティをしてから、おやすみなさい…

r-408

【8日目】2016年8月20日(土)

朝です。ゆっくり寝る2歳児と、朝風呂のために早々に起きる5歳児。
起きていきなり読書中。

r-409

温泉は広くはありませんが、清潔で快適でした。

r-410

朝食はブッフェ、夕食に続いて多品目です。

r-411

売店でも売っているちくわとイカの麹漬けは特においしかった!

r-412

女子のセレクト。

r-413

男子のセレクト。

r-414

大人のセレクト。

r-415

ブルーベリー、キウイ、マンゴー。ヨーグルトソースに本気で迷う朝。

r-416

スタッフの方も親切で、本当に居心地のいい宿でした。
こちらの宿については、「Travel.jp」に旅行ガイドを寄稿しています。
郷愁200%!皆生温泉「夢寛歩 皆生」であの日に帰りたい

チェックアウト後は、皆生海岸へ。
ハワイに憧れている5歳児ですが、ここで我慢してもらいましょう。
せめて羽合温泉にしてあげたかったのですが、皆生でごめんね!

r-417

r-418

最後の最後まで鳥取を楽しみ、お昼前にバスで米子駅へ。

r-419

ミスト噴霧中でした。
風情もへったくれもないし、ミストというかべちゃべちゃ!

r-420

岡山行きの「やくも」まで30分ほどあったので、駅ナカの食堂(カフェ?)っぽいところへ入りました。
大山豚の豚丼とコロッケドッグ、大山鶏のから揚げとジュースを注文。

r-422

…したのはいいけど、全然こなーーーーーい!!!
15分くらいしてやっときた豚丼。おいしいけど!

r-423

コロッケドッグ。おいしいけど!!

r-424

唐揚げ。おいしいけど!!!

r-425

駅ナカなら、せめて時間がかかると先に言ってほしかった…
それでも「やくも」には間に合い、いよいよ鳥取ともお別れです。

r-426

1週間いないうちに、コンビニが秋仕様になっていました。

r-427

r-428

r-429

岡山駅からは、新幹線で名古屋を目指します。

r-430

帰ってきたーーー!
有名な「きしめん住よし」、食べたことはないけど帰ってきたことを実感します。

r-431

そして地下鉄を乗り継いで家へ…と、まさかの「自宅の鍵をスーツケースに入れて送ってしまった事件」が発覚し、家の前の公園へ。

r-432

幸い翌日指定で発送していたので荷物は近くまで来ており、ドライバーさんに連絡すると「2分で行きます!」と言ってくださったので待たずに家に入れました。
ヤマトさんに感謝!

長かったロシア旅行記も、これでついに完結です。
そして気になっている人がいるかもしれない旅費。
フェリー内でけっこう使ったのとお土産を節約せずに買ったので目標の30万円には収まりませんでしたが、

大人2人と5歳と2歳、お盆に7泊8日で333,575円。

でした!

 

r-433

長い長い旅行記におつきあいいただき、ありがとうございました!

*関連記事*
【日帰り5回&泊まり13回】2016年の旅行総まとめ!
初めての海外船旅は、釜山(1歳6ヶ月)