ロシア・ウラジオストクへの船旅(4)<<復路クルーズと韓国編>>

【5日目】2016年8月17日(水)の続き

ウラジオストクとお別れして、再び乗り込んだDBSフェリー。

ロシア出国までの様子はこちらです。
【T3】ロシア・ウラジオストクへの船旅(1)<< 序章 >>
【T3】ロシア・ウラジオストクへの船旅(2)<<往路クルーズと韓国編>>
【T3】ロシア・ウラジオストクへの船旅(3)<<ウラジオストク編>>
この記事はプライベートな旅行記です。
DBSフェリー乗船について具体的な情報をお探しの方はこちらをどうぞ。
【DBSフェリー虎の巻】予約&ビザ手配から船内設備まで(境港~東海~ウラジオストク)

まずは、駅前で買い込んでおいた食料でお昼ごはんです。
気になりつつ飲むヒマのなかったクマのビールを、ここで。

r-279

子どもが食べそうな、ブロッコリーのマヨあえとジャーマンポテトっぽいじゃがいも炒め。
紙皿はもちろん、日本から持参しています。

r-280

ピロシキは船内のコンビニで温めてもらいました。
トッピングされているのは、Dさんが子どもたちに買ってくれたお菓子。

r-281

Dさんは往路の船で出会い、ウラジオストクでもよく一緒にごはんを食べた40代の男性。
中学生と小学生のお子さんがいますが、家族と予定が合わなかったために一人旅なのです。
もはや、一緒に食卓を囲むことに違和感がなくなってきました(左上に白いズボンがちらりと)。

r-282

そろそろ出港の時間なので、デッキに行きましょう。

r-283

ウラジオストク、ばいば~い!

r-284

r-285

r-286

Dさんがビールを買ってくれたので、しばしお昼ごはんの続き。

r-287

少しややこしくなってきたと思ったら…

r-289

寝た!(夫も)

r-290

お昼寝が終わると、もう夕方でした。
テーブルと椅子が並べられています。今日はバーベキューがありそう!

r-291

屋上デッキは、夕日を眺める人でいっぱいです。
船旅、みんなヒマなので。

r-292

この日はきれいな日没が見られました!

r-293

船内は充分に広いけど、街というほど広くはないので…
「あ、おっちゃーーん!(Bさん)」

r-294

バーベキューまでに子どもが空腹になったので、コンビニで冷凍のお好み焼きと餃子を購入。

r-296

それを「ZestaBar」に持ち込んで黒ビールと一緒に。

r-295

いよいよバーベキューの用意ができたようです。

r-297

どれも10,000ウォン(1,000円)。
メニューを見てもよくわからないなと思っていたら、日本人大好き韓国人ツアコンCさんが現れて、「左からサムギョプサル、鶏シンゾウ、鶏モモ。モモがおいしいよ」と教えてくれました。

r-298

というわけで、素直に鶏モモ串。タレ焼きでうまーーーーい!
このサイズで4本1,000円ならありです。

r-299

ここでビールを買うと、コンビニよりちょっと高いので注意。

韓国なので、サムギョプサルも買ってみました。こちらは塩焼き。
あんな強火でこんな上手に焼けるなんて、スタッフのバーベキュー力に感動。

r-300

ここにまたおっちゃん(Bさん)が来て、「ZestaBar」の生ビールもテイクアウトできるよと教えてくれたので買いに行きました。
ストロー!ロシアのホットココアに続くストローの衝撃。
後方に写るのは、DBSフェリー名物、Cさんに捕まるDさんの姿。

r-304

Cさんが「これも食べて」と言って、鶏シンゾウをくれました。
これはシンゾウではなく砂肝ですね。
訂正してあげるほうが親切だけど、テーブルも別だし…とか思っているうちに言いそびれました。

r-303

往路の船でスタッフのライブが行われていたナイトクラブは今日はお休み。
スタッフ、バーベキューで忙しいですからね。
スポットライトの下、BGMで踊る5歳児。

r-305

今日は、満月です。

r-306

韓国人宴会、またやってます。
今日は外側でこっそり一緒に踊るだけにしました。

r-307

宴会が終わったあと、デッキで星空観賞。

r-310

r-308

月夜ですが、星はきれいに見えました。

r-309

寝る前に靴で電車ごっこをしてから…

r-311

おやすみなさい。

r-312

次ページへつづく)

Pages: 1 2 3