ロシア・ウラジオストクへの船旅(3)<<ウラジオストク編>>

Pocket

【3日目】2016年8月15日(月)の続き

ようやくロシアに入国しました。やっとウラジオストク編です。

ロシア入国までの様子はこちらです。
【T3】ロシア・ウラジオストクへの船旅(1)<< 序章 >>
【T3】ロシア・ウラジオストクへの船旅(2)<<往路クルーズと韓国編>>
この記事はプライベートな旅行記です。
DBSフェリー乗船について具体的な情報をお探しの方はこちらをどうぞ。
【DBSフェリー虎の巻】予約&ビザ手配から船内設備まで(境港~東海~ウラジオストク)

<Sponsored Links>



 

船旅なので、空港ではなく港に着きます。
キリル文字でウラジオストクと書かれたフェリーターミナル。

r-120

入国審査のところでうろうろしてる係員の女性がいきなり超美人。
撮影不可なので、写真ACからイメージ写真を借りてきましたが、ほんとにこんな感じ。
さすが美人の国!

r-278

入国手続きを終えて出ると、ターミナル内のお土産物屋さんの前。
ロシアの有名な政治家たちがマトリョーシカになっている!

r-123

まずは両替をしないといけないのですが、ターミナル内の銀行はなぜか閉まっていて、米ドルとユーロの両替機能が付いたATMも高額紙幣のみなので手持ちの20US$や10ユーロは取り扱い不可。

というわけで、わたしが1人でお散歩がてら銀行を探しに行くことに。

フェリーターミナルは、ウラジオストク駅と隣接しています。
これが、モスクワまで続くかの有名なシベリア鉄道の終着駅。始発駅でもありますが。
想像以上に新しくてきれいで大きな建物でした。

r-122

最初に道を聞いたお兄さんたちがATMしかない遠い銀行を教えてくれてしまったのでかなり遠回りしましたが、なんとか駅のすぐ南側にあった銀行の有人窓口にたどり着いて両替できました。

r-124

現金を手に入れたところで、ホテルへ向かいます。
が、ホテルの手前においしいビアホールがあることは調査済み。
グートフ(Gutov)」というお店です。GoogleMapの店名は違いますが、場所はここです。

>> TripAdvisor (トリップアドバイザー)
内装はオシャレな感じ。

r-125

平日の16時ごろなので、お客さんはまばらでした。

r-126

お店の中にタンクがあって、醸造中!

r-127

来ました~!ピルスナーと黒ビール。このジョッキで170円くらい!
ピルスナーはかなり薄くて、コロナがクラフトビールになったみたいな感じ。
黒は薄めではあるけど、おいしい。ロシアは黒ビールがおいしい国みたいですね。
このあと、パイナップルビールとレッドビールも飲みました。

r-128

なんと野菜の天ぷらがあったので、子どもたちの野菜不足をここで一気に解消。
山盛りで700~800円だった気がします。
外国人の駐在員さんに人気のお店らしく、お料理はそこまで安くはないようです。

r-129

ベリメニという、水餃子みたいなロシア料理。
これはスープに入っているベリメニ。

r-130

そろそろホテルに移動しようか~と言っていると、昨日のフェリーで仲良くなったおっちゃん、Bさんがガイドさんと2人で登場。子どもたちはこのはしゃぎよう。
Bさんはガイドさんに車で案内してもらう個人ツアーを韓国で予約したのだそうです。
3日間で5,000円くらいとすごく安かったから最後にお車代をあげたとあとで聞きました。

r-131

そして、「グートフ」から徒歩5分弱のホテルへ移動。
フェリーターミナルからホテルまでも、大人の足なら10分弱です。

r-132

道端にこういう露店があると、外国の雰囲気!

r-133

車のボンネットの上でハチミツを売っていました。
車の持ち主とハチミツの売主が同じなのかどうかは謎です。

r-134

そしてようやくホテルにチェックイン。
ネットでゼムチャズィナ ホテル (Zhemchuzhina Hotel)を予約していました。

Expediaで予約
agodaで予約
Tripadvisorで確認

ビザなしでウラジオストクへ行けることはロシア大使館のホームページにも「地球の歩き方」にも載っていないので、たぶんほとんどいないのでしょう。
「ビザないの?」みたいな感じで、チェックインにかなり時間がかかりました。

r-135

でも宿泊拒否はされることなく、無事に鍵をもらえました。
エレベーターホールに館内の案内がありますが、左右で全然対応してない。

r-271

ついにお部屋へ!広~い!
これで、2泊で19,918円です。もちろん4人分の料金。

r-136

シャワーのお湯もちゃんと出ました。

r-137

3日ぶりのまともな布団を満喫する5歳児。

r-138

そして18時、駅前のレーニン像へ。
フェリー内で出会った一人旅の18歳の女子大生Aちゃんと家族に断られて一人で来ている40代Dさんと、伝統的なロシア料理を食べに行く約束をしているからです。
18歳の子を巻き込みすぎるのも悪いと思ってダンナはDさんだけを誘ったのですが、近くにいたAちゃんが「わたしも一緒に行きたい!」と手を挙げたのだとか。なかなかの18歳です。

r-139

お店は「ノスタルギーヤ(Nostalgia)」というお店。


>> TripAdvisor (トリップアドバイザー)

ここは「地球の歩き方」にも載っているところで、フェリーの中でウラジオストク出身の日本語堪能なロシア人女性と話したときにもこのお店の名前が挙がりました。
「おいしいからぜひ行って!」というよりも、「ウラジオストクでロシア料理を食べるなら…ノスタルギーヤかしらねぇ」みたいな感じでしたが。

r-140

ロシア語はできないし、電話のかけ方もよくわからないのでとりあえず突撃入店。
問題なく案内してもらえました。
肖像画が飾られていて、高級感があります。

r-142

では、食べておきたいロシア料理をかたっぱしから頼みましょう!
一人旅は楽しいですが、これができないのでDさんたちを食事に誘ったのです。

まずはこれですよね、ボルシチ!本物のビーツの味です。
上に乗っているのはサワークリームとディル。
サワークリームはロシア語でスメタナというのだそうです。
「どこかで聞いたことがあるような…」「作曲家じゃない?」

r-144

ビーフストロガノフ!
ビーフストロガノフは「ストロガノフ風」という意味でビーフじゃない、という話を聞いたことがあったのですが、こちらのお料理はビーフでした。クリーム煮という感じで、おいしかったです。
食べたことないけど白い料理だったっけ?とも思いましたが、あとで調べるとウクライナ風は白いのだそう。
つけあわせのごはんは日本人からするとまずい部類。

r-145

スープに入っていないベリメニ。お肉とお魚を両方頼んだらこの量!
Aちゃん「これ何の魚でしたっけ?いわし?」
Dさん(とても穏やかで優しい人)「・・・たぶん・・・・・・・サーモン・・・・」

r-146

ブリヌイというクレープもロシア名物のひとつです。
せっかくなので、イクラのブリヌイ。
合わないことはないけど、わざわざ試すほどでもない、かな。

r-143

子どもたちにはブロッコリーのポタージュ。濃厚で贅沢なおいしさ!

r-147

ノスタルギーヤロールだったか、店名を冠したお料理があったので頼んでみました。
そんなに大きくないわよ、という雰囲気の返事だったので2個頼んだら、フルボリュームな鶏肉料理でした。
味は良かったのですが、後半に来たのでちょっとキツかったです。

r-150

ロシアのパンはボソボソとした黒パンです。
好きな人もいると思いますが、わたしはそんなに得意ではないです…

r-148

そういえば、ここではお酒は飲みませんでした。
「ビールある?」と聞くと「スーパーマーケットにあるわよ」という返事をされてしまい、アルコールメニューがあるのかどうかもよくわからないままでした。

満腹になって帰ろうとすると、大雨!!!
誰ひとり傘は持っていません。

r-151

しばらく止みそうにないので、レストランに併設されているカフェで休憩。
ロシアのケーキ、こんな感じのかわいいのが多いです。

r-152

子どもたちはヒヨコをセレクト。味はノーコメントでお願いします。

r-153

わたしはホットココアにしました。
なぜストロー?ロシア人の喉は焼けないのでしょうか。
右側にヒヨコちゃんの残骸が…

r-154

お店の人が色鉛筆を貸してくれました。優しい~

r-155

小一時間ほど休憩すると傘なしでも歩けるくらいになったので、みんなでAちゃんを送りに行くことに。
夜のなかに浮かぶウラジオストク駅もきれいです。

r-156

Aちゃんの宿まで向かう途中に、電車を見られるベストスポットが!

r-158

特に鉄分の高い3人(ダンナ、Dさん、5歳児)が、「電車が発車するところを見たい」という、わかるようなわからないような理由でかなり粘っていましたが(雨やっちゅうねん)、いったん断念。

r-157

r-159

明日のお昼にはシベリア鉄道に乗ってしまうAちゃん。
最後に6人で、Aちゃんのスマホで記念撮影しました。

Dさん(40代)「ぼく、撮ってあげますよ」
Aちゃん(18歳)「大丈夫です、大丈夫です」
(Aちゃんが手を伸ばして自撮りした6人の写真の仕上がりを見て)
Dさん、ダンナ(45歳)、わたし(39歳)「おおーーーー!!!」

時間が合えばお見送りに行くね、と言って涙のお別れでした。

r-160

お別れ後、また粘る人たち…

r-161

r-164

r-165

何度か汽笛のような音は鳴るものの、どうも無理そうなので帰ることにしました。
ここまで来たら見たかったですが、残念。

r-168

<Sponsored Links>



帰り道、ホテルの近くにある24時間スーパーでお買い物。


>> TripAdvisor (トリップアドバイザー)

ヨーロッパのスーパーはチーズがいっぱいあって安いのが嬉しい!

r-169

ダイドーががんばってます。

r-170

ビールとおつまみを買ってホテルに戻り、テレビをつけるとオリンピック中継をやっていました。
ロシアはドーピングでほぼ出場停止なので中継はないのかと思っていましたが、自国の選手が出場する競技はさすがに放送するようですね。

r-174

寝相の悪い子どもたちがベッドから転落しそうだったので、マットレスを下におろして寝ることに。
(写真が明るいのは朝に撮ったからです。ふざけているわけではなく爆睡中)

r-175

子どもたちが寝たので、晩酌~!
マトリョーシカのチーズ、ロシアらしくてかわいい。
要冷蔵じゃなければお土産にしたいところでした。
右はハムフレーバーのチーズです。

r-171

ビールはペットボトルも売っています。
左はチェコのかも?右はキリル文字の黒ビール。(この日に飲んだのは左だけ)

r-172

フェリーの朝食ブッフェでいただいてきた韓国海苔も添えて…

r-173

ロシア初日もこれにて終了。おやすみなさい。

次ページへつづく)

Pocket

Pages: 1 2 3