2019年4月★ロシア&韓国船旅(準備編)


大学の卒業旅行で二人でタイに行った、現在は愛媛在住の女友達。
そのときの山岳トレッキングツアーで知り合った、関東在住の女子二人組。

女子二人組のひとりが転職してシンガポールに赴任するというので、

このGWはみんなでシンガポールだ!!!

と盛り上がったのですが……
どんなに調べても高い。高すぎる。
特に、いったん大都市の空港まで飛ぶしかない愛媛組は不可能!

ということで、通年均一価格のロシア船旅に変更しました。
我が家4人、愛媛の友達母子(ダンナさまは仕事)、横浜の友達の8人旅。

もちろん(?)、準備はすべてわたしです(笑)。

関連記事:
前回のウラジオストク旅日記

■パスポート更新

5歳息子のパスポートが2019年2月で切れるので、それも更新。
生後4ヶ月での奇跡の笑顔がついに終わってしまう……
今回もちょっと思い出を残したくて、ちょっとした寝ぐせはあえてそのままで撮影に挑ませてしまいました(笑)。

■フェリーの予約

ウラジオストク行きのDBSフェリーは、エコノミーと2等は大部屋なのですが、2等の4人部屋(冷蔵庫・電源付き)が2部屋だけあります。
なんとしてもここを我ら8人で確保せねば!!!

と、年末のうちからDBSフェリーに発売日を問い合わせ、1月末に早々にゲット!

関連記事:
【DBSフェリー虎の巻】予約&ビザ手配から船内設備まで(境港~東海~ウラジオストク)

■電子ビザ

ウラジオストクだけの滞在なら、インターネットの無料の電子ビザ申請で入国できるようになりました。
ロシア連邦外務省のページ

電子ビザはそんなに前からは取れないので、4月に入ってから手続きしました。
写真館で撮った証明写真でも「ピントがずれています」と8人中4人がエラーになりましたが、コントラストを上げると通りました。
多少、画像加工の知識があるほうが安心です。

入力方法は、「世界で1か月住人やってます」さんの記事がわかりやすかったです。
出生地はパスポートの本籍地、Airbnbなどの民泊はindividualですが、家主に確認すると安心です。
超簡単!ウラジオストクへ行くビザ申請【ウラジオストク旅準備②】

■宿の予約

前回泊まったのは、ウラジオストク駅から徒歩5分あまりのゼムチャズィナ ホテル (Zhemchuzhina Hotel)
ここのスイートが1泊1万円ちょっとで快適だったので、2部屋予約しました。

が、やっぱり8人一緒が楽しいし、洗濯したいし、海外では子どもが野菜不足になるので簡単な調理はしたい……と、最近お得意のAirbnb(民泊)で検索。

駅前すぐの立地で1泊1室1万円のアパートを見つけてそちらに変更しました。
5人部屋でしたが、問い合わせると子ども込み8人でも同額でいいとのこと!
しかもいつ何を聞いても返事がむちゃくちゃ早いのが安心でした。

今回泊まったお部屋はこちらです⇒The flashpacker’s paradiZe
新規登録の際は、こちらのリンクを使っていただけると、3700円OFFです。
わたしにも紹介料が入りますので、情報がお役に立ったらぜひお願いします(笑)。

■新幹線&特急予約

フェリーは境港から。
愛媛組は車、名古屋・横浜組は新幹線で岡山、岡山から特急で米子、鬼太郎電車に乗り換えて境港という長旅です。

JRの予約は1ヶ月前、と、ずっと気にしていたのに当日うっかり忘れ、翌日の朝いちばんにJTBに駆け込み!
さすが10連休初日でのぞみは軒並み満席でしたが、なんとかひかりが取れました。

■出発直前準備

混雑している新幹線に大荷物は嫌なので、いちばん大きなスーツケースは境港のヤマト営業所へ送りました。
(うっかり駅から遠い営業所を指定していて大慌てで転送手配する大失敗。あぶなかったー)

愛媛からの友達と一緒なので、大都市圏でしか入手できないお土産を持っていこうと前日に名古屋駅へ出て、八天堂のくりーむパンやBAKEのプレスバターサンド(偶然出店中)やギャレットポップコーンのシカゴミックスなどを購入。

子どもたちは旅行のときは雑誌を買うのがお約束ですが、今回は同年代の子どもたちが来るというので近所の本屋で遊べる系を!

★★★

ぜひお気軽にフォローしてください。
⇒ facebookはこちら
⇒ Twitterはこちら
⇒ Instagramはこちら


<Sponsored Link>