【2018夏休み旅行】韓国・釜山(プサン)前泊編

1ページ目に戻る

■朝ごはんは、夫婦別行動

朝、子どもたちは爆睡。
空港でも時間があるのでギリギリまで起こさず、ごはんは夫婦交代で出かけることにしました。

わたしは、釜山名物のテジクッパを食べに「松亭3代テジクッパ」へ。テジクッパは豚肉の入ったスープで、参鶏湯の豚バージョンともいえる滋養たっぷりのお料理です。
※お店はこのさらに右。撮っているはずなので後日差し替えます。

にんにくと唐辛子とたまねぎはお味噌につけて生で、アミエビとニラとお醤油はテジクッパに入れて混ぜて食べます。
さすがに食べきれず、2/3くらいでギブアップ。これで7000ウォン(約700円)。

<松亭3代クッパ(ソンジョンサムデクッパ)(송정3대국밥)>

プサンナビ

夫はアワビ粥を食べに「済州家」へ。

海苔いっぱい入れたらおいしかったよ~とのことですが、かなりのインスタ萎え…
もうちょっと細かくちぎるとか…しないか。こちらは9000ウォン(約900円)。

<済州家 西面店(チェジュガ)(제주가)>

プサンナビ

■再び空港、そしていよいよ青島へ

起こすのがしのびないほど寝ていますが、そうはいっても10時間ほど寝ているので遠慮なく起こし、再び電車を乗り継いで空港へ。

途中の沙上(ササン)の売店で、たくあんとかまぼこのキンパ(のりまき)を買い、

空港でダンキンドーナツ。

昨日克服した飛行機、まだちょっと怖いと言いつつも、今度は泣かずに乗れました。

青島編に続く

Pages: 1 2 3