懐かしのオーロラ煮を思い出す・・・福井の焼き鯖ひじき

奈良県に住む友人夫婦が、日帰りで福井県へ遊びに行ったそうです。
なんでも、レッサーパンダを見に行くためだとか。

胃袋でつながっている者同士、旅先でのお土産交換が定番。
今回は、「焼き鯖ひじき」なる佃煮ふりかけをいただきました。

20160601-001

特に化学調味料を避けているわけではありませんが、シンプルな原材料は嬉しいですね。
(化学調味料無添加とは書いていないので、醤油に配合されている可能性はあります)

20160601-002

さっそく、朝ごはんにいただきました。白ごはんにぴったり!
濃いめの味付けなので、「サバ感」はそんなになく、カツオやマグロの角煮のような味。
そして、昔食べたことがあるような懐かしさが襲ってきました。
これは、小学校の給食で食べた「クジラのオーロラ煮」の味です。関西限定かな?

20160601-003

とてもおいしいのに、保守的な娘(5歳)は、「のりたまでいい」とのこと。
1枚目の写真の後方にチラッと写っていますね…
対する息子(2歳)は、大好物のたまごかけごはんに混ぜて2杯食べました。
白ごはんにもよく合いますが、こちらも間違いないおいしさ。

20160601-004

ちょっとしたことですが、ジッパー付なのがありがたい!

20160601-005

ごちそうさまでした~!

おいしくいただきましたが、ひじきふりかけNo.1の座は「梅の実ひじき」が防衛。
ひじきの肉厚ぶり、梅のカリカリぶり、最強です!

20160601-006

※「梅の実ひじき」を教えてくれたのも同じご夫婦。ひじきふりかけ愛好家でしょうか。
※「梅の実ひじき」は「えとや」。全国的に流通量の多い「梅の香ひじき」とは違います。