2016年5月☆24時間★台北弾丸旅行(ERIKO編)

◇ 16 :00
20160531-042

故宮博物院まで行く時間がないので、今回は「台北當代藝術館(MOCA)」に来ました。

20160531-043

こういう空缶のアートって、ちょっと前の日本にあった気がします。

20160531-044

入館しようとしたら、「創作工作坊」「免費」の看板を発見。
なにやら無料のワークショップがあるようなので、とりあえず寄ってみました。

20160531-045

「今日はMOCAのお誕生日だからケーキを作るのよ!」ということだそう。
ハギレやセロファンやビーズを使って作りました。
こういうときにセンスがあれば、富士山や鶴や桜を表現できるんだけど、残念。
完成したケーキは、イベント会場に飾ってもらいました。

20160531-046

16時半になったのでそろそろ入館したいところなのですが、

「17時になったらケーキを返すから来てね!」

と言われてしまいます。
英語力の限界で、「18時まで預かってて」と上手く伝えることができません。
仕方ないので、今回は無料展示とミュージアムショップで過ごすことにしました。
上の写真はコインロッカーです。

20160531-047

買ったのは、かわいいパッケージのコーヒーと台湾の詩人の名前が印字されたメジャー。
このメジャーは60元(210円)でマスキングテープとかよりも安かったです。
メジャーってあると何かと使うし、これはお買い得なおみやげですね。

20160531-048

17時に戻ると、なにやらパーティの準備が整っていました。

20160531-049

そしてみんなでハッピーバースデーを歌い、ケーキカット!
なんかものすごいラフな恰好だけど、館長さんとかエライ人なんでしょうね。

20160531-050

2階からはしゃぼん玉が降ってきました!MOCA、15歳おめでとう!

20160531-051

関係者いっぱいの記念撮影にもなぜか呼ばれて一緒に。
このときの写真はMOCAの公式facebookにも載っています。

20160531-052

ケーキが切り分けられていきます。この展開はもしや・・・

20160531-053

やっぱり~!?
嬉しいけど、夜の小籠包がだんだん遠のいていく(笑)。
プリン風味のアイスがはさまっているおいしいケーキでした、ありがたく完食。

20160531-054

なぜか無料入館券もいただいて、1時間半の滞在が終了。
来月、夫がこれを使えるかな。
指先が汚れているのは、ボンドを使って工作をしたからです。

<台北當代藝術館(MOCA)>

TripAdviserで確認

MOCAでおみやげ 420元(1,470円)
合計 21,230円

◇  17 :30
20160531-055

20160531-056

本格的に腹ごなしをしなくてはならないので、次の目的地まで20分歩きます。
こういう街歩きは、楽しいですね。旅の醍醐味です。
◇ 18 :00
20160531-057

テンションMAX!ビール樽がいっぱい!
こちらはビアホールを併設している台湾ビール工場(台啤346倉庫餐庁)
2008年に台湾に来たときは夫婦でここで飲みました。

20160531-058

ビール工場の入口からかなり奥まったところにあるので探すのが少し大変。
でも、いざ入店してみると500元以上の飲食が必要とのことでした。
ビール1杯は90元、お腹は空いていないので500元はちょっと無理そうです。

<台啤346倉庫餐庁>

TripAdviserで確認

20160531-059

でも、ビール工場のすぐ近くにあるコンビニ風の酒屋でも生ビールが飲めるのです。
この情報は、朝ごはんを一緒に食べた先輩からの情報。
これは自力ではたどりつけなかった素晴らしい情報です。謝々!!!

201605-1

酒屋さんのレジ横に生ビールサーバー!
ビアホールよりも30元安くて、60元(210円)でした。

20160531-061

テラス席で飲むことができます。
いきなりの本降り。濡れずにここまで歩けたので、ラッキーです!

20160531-062

隣のテーブルでひとりで飲んでいたおじさんに話しかけられて、乾杯!
日本生まれで2歳まで日本にいたそうです。日本語が少し話せるおじさん。

20160531-063

おじさんと話をしながら飲んでいると、さらにおじさん2人と相席になりました。
臭豆腐を食べなさい、と激しく勧めてくれます。
雑巾みたいなニオイで苦手なんですが、せっかくなのでひとくちだけ。

20160531-064

臭豆腐をもっと食べろ、と言われましたが、さすがにそれは固辞。
そしたら、フライドチキン(たしかファミマ)をくれました。小籠包は、もう諦めます。

20160531-065

19時には雨があがって、紫色のきれいな空です。

20160531-066

右は最初のおじさんにおごってもらった普通の台湾ビール。
このおじさんは、記念品として台湾ビールのコップをお店からもらってくれました。
左はあとからきたおじさん2人におごってもらった黒の台湾ビール。
こちらのおじさんたちは、おみやげにお守り袋をくれました。

20160531-067

深夜便ならもう1本飲もう!と誘われたけど、酔っても困るので20時にお別れ。
万年筆で、ananのページにサラッとメッセージを書いてくださいました。
汗だくのYシャツきた普通のおじさんだけど、なんかすごくオシャレ!
これから、いい人生が送れそうな気がしてきました。

<Taiwan Tobacco & Liquor corporation – beer cafe>
104, Taipei City, Zhongshan District, No. 54 Weishui Rd

※年末年始以外は無休、9:00~20:30までの営業とのこと(おじさん情報)

台湾ビール 60元(210円)
合計 21,440円

次ページへ続く

Pages: 1 2 3 4