2016年5月☆24時間★台北弾丸旅行(ERIKO編)


5月27日(金)の夜から28日(日)の早朝まで、台北に一人旅をしてきました。
2月のJetstarのセールで、往復 9,610 円(諸手数料込)で取ったチケットです。

時間帯的に2歳と5歳の子どもを連れていくのは難しいけど、この日程なら夫が仕事を休まなくても行ける!
というわけで・・・

わたしが5月、夫は6月にそれぞれ一人で行くことにしました。

ちなみに、「そこまでして行きたい?」と何人かから聞かれましたが、

はい、そこまでして行きたいです!

この記事はプライベートな旅行記です。
深夜便での台北行き情報については、こちらにざっとまとめてあります。
【心配無用】台北(桃園空港)に深夜到着したときの情報まとめ

では、完全に珍道中になってしまった台北弾丸旅行記、はじまり~

■ 5月27日(金)

◇ 19:00 
20160531-001

定時退社の夫と合流し、家族で夕食を食べてから出発です。
いまから台湾なのに中華を食べていることに途中で気付きましたが、モウマンタイ。
◇ 21:00
中部国際空港に到着。
Jetstarのカウンターはけっこう混んでいました。
しかも、前の若いカップルが、

「えー!?荷物預けるの無料じゃないの~!?」
「これ預けたらいくらになるんですか?」

と、トラブル発生中。

さんざん揉めた末にお金を払って預けることに決めたようで、
「ではこちらへどうぞ」
と、チェックインカウンターがひとつ閉じて、別の場所へ案内されていきました。
しょうがないよな、と並んでいる全員が大人としてイライラを鎮めようとしたそのとき、

「きゃー!〇〇くんたちもたいわ~ん!?」

知り合いを見つけて歓声をあげるカップルの女の子。

「共通の敵が生まれている・・・」

背後から聞こえる呟き。
思わず後ろを振り返って笑いかけてしまいました。

※こんなことにならないために・・・
【初心者向け】初めてのLCCで失敗しないための基礎知識
◇ 21:45 
20160531-002

出国審査を終えたのは22時前。
スタバが22時まで開いているだけで、本屋も売店も閉まっています。がーん。
食料を持たずに出発するのはもしもの場合に危険、という元バックパッカー心理が働き、自販機で菓子パン2個を購入。

空港までの交通費 1,110円
パンと飲み物 750円
航空券代 9,610円
合計 11,470円

◇ 22:15
20160531-003

いよいよ搭乗!行ってきまーす!

■ 5月28日(土)

◇ 1:25
20160531-004

フライトは約3時間、深夜0時すぎに台北桃園空港に到着。
入国審査と両替を終えて、1時25分の台北駅行きのバスに乗りました。
台北桃園空港から市内までは24時間、國光客運のバスが運行しています。
エアコンが強いので、夏でも長袖が必須なことを忘れてました。寒い!

空港バス(國光客運) 125元(440円)
合計 11,910円

◇ 2:30
20160531-005

1時間弱で、バスの終点の台北駅に到着。
バス停から徒歩3分のゲストハウス「mini inn」にチェックインしました。

女性専用ドミトリー 2,470円
合計 14,380円

<mini inn(米尼旅店)>

Expediaで予約
agodaで確認
Tripadvisorで確認

※Travel.jpに旅行ガイドを寄稿しています。
台北駅から徒歩3分「ミニイン(miniin)米尼旅店」は深夜到着時の仮眠に便利!
◇ 3:15
20160531-006

2段ベッドの2階はちょっと上りづらかったですが、施錠できるロッカーや専用のビーチサンダルもあって、とても快適。
台北に単身赴任中の大学時代の先輩から、朝食のお誘いメールが来ていました。
メールの返信をしたりして、3時半すぎに就寝。
◇ 7:45
20160531-007

先輩が昼の飛行機で一時帰国するということで、8時の待ち合わせ。
子どもの運動会だそうで、パパとしては外せないイベントですね。

ネットでは雨予報でしたが、普通にギラギラと晴れています。
先輩曰く、

「1日に1回は降るから予報は毎日雨予報」

だそうです。えー!?
◇ 8:00
20160531-008

10分ほど歩いて、となりのMRT善通寺駅まで来ました。
◇ 8:30
20160531-009

30分ほど並んで入店したのは、有名な「阜杭豆漿」というお店。
フードコートですが、ほぼ全員がこちらのお店目当て。観光客も地元の人もいます。

20160531-010

活気のある厨房で、パン生地が丸められたり揚げられたりしています。

20160531-011

ついに朝食、待ちに待った台湾での食事です。
手前は温かくて甘い豆乳(甜豆漿)、日本の豆乳は苦手ですがこれなら何とか飲めます。
といってもやっぱり特に好きではないので、先輩のをひとくちいただきました。

20160531-012

こちらが、先輩オススメの「厚餅夾蛋」、玉子を挟んだ厚焼きパンという感じの意味。
38元(135円)、遠慮なくごちそうになりました。満腹!
写真だと小さく見えますが、長さ20㎝、厚さ5㎝ほどのボリューム感です。

20160531-013

なかはこんな感じで、小口ネギと玉子焼きです。
家の玉子焼きにこれだけ塩を入れると「しょっぱ!!!」となるレベルなのですが、ネギ油の風味に強めの塩がよく合っておいしかったです。

<阜杭豆漿>
※1人50元以上注文しなければならないという情報もあります。

TripAdviserで確認
◇ 9:30
20160531-014

いったん、宿に帰ってきました。
無料朝食は食べ損ねましたが、オレンジジュースでビタミン補給。
◇ 10:45
20160531-016

帰りも空港バスのつもりでしたが、先輩に新幹線も使えると教えてもらいました。
数百円の違いだし、バスは渋滞で遅れることもよくあるそうなので帰りは新幹線がいいかも。
これはママ鉄としては乗らないわけにはいきません。

※台北~桃園の台湾新幹線については、こちらにまとめています。
【台北~桃園】まさかのワンコイン!台湾新幹線乗車レポ

20160531-017

荷物は宿で預かってもらうほどの量ではありませんでしたが、街歩きをするには少し邪魔だったので新幹線改札の近くにロッカーに預けました。

台湾新幹線(台北~桃園) 155元(545円)
コインロッカー 3時間30元の9時間利用 90元(315円)
合計 15,240円


次ページ
へ続く


<Sponsored Link>

Pages: 1 2 3 4