【春秋航空で激安】上海ディズニーランドホテルと小籠包のバースデー旅行

■ 3月4日(土)

P1570248

朝です。

P1570249

昨日行きそびれたキッズルームへ行きたいがために、8時間睡眠でも嫌がらずに起きる息子。

でも、まずはラウンジで朝ごはんです。

P1570305

P1570256

P1570304

P1570254

P1570308

パンやヨーグルトのディスプレイを見るだけで幸せな気分です。

P1570253

ミッキーやドナルドのワッフル!
卵白を泡立てた生地でつくるあまり甘くないサクサク系で、わたしが大好きなタイプでした。

P1570261

青のりに見えますが、スモークサーモンにパセリ。

P1570309

P1570288

お粥や点心などの中華系のメニューもあります。

P1570271

P1570269

麺類はオーダー制でした。
台湾風と搾菜入りを頼んだのですが、これは子どもたちに食べられてしまいました。

P1570265

010

オレンジジュースは、その場で搾ってくれます。
日本では柑橘系のジュースが苦手な娘ですが、「ほんもののみかんの味がする!」と喜んで飲んでいました。
ちなみにコカコーラ社のミニッツメイドも果実入りで日本よりもサラッとしていたのでおいしいと言っていました。

P1570272

P1570279

そして、感動するほどおいしかったのがこちら。
温泉卵にポルチーニ茸のソース(たぶんトリュフソルト入り)をかけ、カリカリに焼いたパルミジャーノをトッピングしたお料理です。
恥ずかしがらずにおかわりしたらよかったな~

P1570317

そして8時半、昨日から楽しみにしていたキッズルームへ。

P1570319

P1570321

P1570325

間違いなく天国です。

P1570328

自由に遊んでもいいのですが、スタッフが教えてくれる創作の時間もあります。

P1570337

P1570349

9時からはオラフ作り。
公式ホテルがこのクオリティのオラフを提供していいのかと心配になります。

P1570418

10時からは粘土でドナルド。
これまた不安なクオリティです。

P1570400

そして最後、10時半ごろからはビンゴ大会まで!
「X印に揃えばビンゴ」という、子どもにさせるにはハードすぎる条件でしたが全員賞品がもらえます。

P1570445

息子はぞうさんのおもちゃ。

P1570446

娘は積木みたいなおもちゃ。
いちばん大きなのが欲しかった気もしますが、持ち帰ることを考えると優勝じゃなくてよかったです。

P1570359

自由時間でもすごく遊んでくれて、ほんとにディズニーってすごい。

P1570395

子どもたちがおかあさんの誕生日なんだよと言ったらしく(明日ですが)、わたしにもお花をつくってくれました。

P1570420

11時ギリギリまで遊んで、チェックアウトです。

P1570440

遊び疲れたし、せっかくだからお茶でもしてから行こうと1階のカフェへ。

P1570431

チェックイン時にもらったドリンククーポン(ドナルドのカード)が使えるお店は12時からだったので、ここは普通に購入。

P1570456

子どもたちに、シールをたくさんくれました。

P1570459

まるっと24時間、ディズニーランドホテルを満喫していよいよお別れです。
にこやかに送り出してもらいました。

P1570462

もう1日泊まりたかった、と涙涙の娘。
今度は、自分でお金貯めてね(笑)。

P1570477

次の目的地はディズニーランド、ではなく、空港のホテル。
夫もわたしもテーマパークにはあまり興味がないので、ディズニーランドホテルにだけ泊まる旅なのです。

ちなみにタクシー代は110元くらいでした。
昨日乗ったエアポートシャトルは2人で136元だったので、タクシーのほうが安かったんですね。
一人旅の方にオススメのシャトルだと言えそうです。

P1570470

荷物を預けて出かけるつもりでしたが、部屋に入れてもらえました。
思ったよりも広くてきれいな部屋です。

<ダージョンエアポートホテル(大衆空港賓館)>

ダージョンエアポートホテルを楽天トラベルで確認する

P1570480

なんだかんだで13時前になってしまったし、鉄道好き家族としては気になるということで、市内まではリニアモーターカー(マグレブ)を使うことにします。
市街地まではいけないのですが、30分ほどかかる距離を8分で行けます。

P1570483

片道50元(900円)。※交通カードや当日の搭乗券があると40元。
新幹線だと思えば安いですが、地下鉄だと市街地まで14元なので割高です。

P1570492

何とも言えない色あいのシート。

P1570498

「モーターカーは、なんキロではしるの?」「モータカーはタイヤがないの?」と、しゃべりまくりの息子。
なぜ重要かつ短い「リニア」を省略するのか謎です。

浮いているわりにはゴォゴォと音がするし、ちょっと揺れます。
スーッと静かに走るのかと思っていましたが、少し意外な乗り心地でした。

P1570509

あっという間に、龍陽路駅に着きました。

P1570514

地下鉄に乗り換えるために駅を出ると、アジアのにおい!
ディズニーランドホテルでは感じなかった、アジアの街のにおいです。

P1570516

娘と食べようと約束していた大きな小籠包を食べるために、人民公園駅を目指します。

P1570517

「中国語覚えたいから本貸して」と言い、地球の歩き方で勉強しはじめる娘。
6歳ですが、海外旅行での言葉に関しては常にアグレッシブな姿勢を見せます。
去年のロシア旅行でも、ロシア語の挨拶や会話を書いた紙を壁に貼って予習していました。

P1570523

そして、目的地に到着!

P1570524

P1570565

P1570566

お土産屋さんの奥へ進み、2階に上がるとレストランです。

P1570527

とりあえずビール。

P1570529

そして、これが食べたかった大きな小籠包(蟹黄大包湯)。
ふるんふるんです。

P1570539

るるぶには「ストローでスープを飲む」と書いてあったのですが、お店の人に聞くと「爪楊枝で穴をあけて飲む」と教えてくれました。
いま上海で流行っているようで豫園周辺でもいくつかお店を見かけましたが、そこではみんなストローで吸っていました。
るるぶ、ちゃんと取材してないな(1回目)。

P1570551

このあと食べ歩く余裕があるかどうかわからないので、とりあえずここで昼ごはんを済ませることに。
普通の小籠包で、空港の小籠包と同じくらいのレベルの味です(普通においしいけど、びっくりするほどおいしくもないという感じ)。

P1570556

P1570559

こちらは、セロリ風味の焼き小籠包。
おいしくてローカル感もあって、頼んでよかった。

P1570548

豚肉の唐揚げと椎茸とマッシュルームがトッピングされた麺。
お店の名物だそうですが、すさまじい椎茸臭で、椎茸が苦手なわたしにはちょっと無理でした。
きのこ好きの娘はもりもり食べていました。

009

早起きで遊びまくった息子が寝てしまったので、しばし食後休憩。

<泰康湯包館>

P1570568

人民公園駅から隣の南京東路駅までの歩行者天国を、ミニ列車が走っていました。
地下鉄のほうがずっと安いのですが、電車好きの息子が乗りたがったので使うことに。
子どもも有料で、1人5元(90円)。
息子は汽笛が鳴らなかったことを気にしつつも、楽しそうに乗っていました。

P1570583

P1570575

終点から少し歩くと、上海随一の観光地である外灘エリア。
すごい人です。

P1570582

東方明珠電視塔(テレビ塔)はすごくきれい。
上海は4回目(旅行は2回目)ですが、昼間にここに来たのは初めてです。

<東方明珠電視塔>

さて、このあたりはナイトクルーズも有名。
るるぶには「十六舗水上遊中心」で予約できると書いてあり、「地図P13B7」みたいな表記はあるのですが、地図上には記載もなく住所も書いてありません。
だいたいのエリアは見当がつくので向かいたいのですが、タクシーを拾おうにも空車は通らず、地下鉄で行くにはアクセスが悪い場所です。

P1570587

P1570589

近くに路線バスの停留所があり、次の次が「十六舗」というバス停だったのでとりあえずそれに乗ることにしました。
20元札しかないと言ったけど乗せてくれて、両替してくれました。

P1570590

ひとまず十六舗に到着。

P1570592

停留所にいた人に紙を見せて尋ねると、スマホで地図を検索して教えてくれました。
が、「十六舗水上遊中心」という名前の場所はなく、似たような名前のところのようです。

P1570608

教えてもらったとおりに行くと、数分でそれらしき場所に着きました。

P1570597

でも、B1階がチケットオフィスという表記はあるのですが、明らかになさそう。

P1570598

別の入口からB1階に降りてみましたが、気になる自販機があっただけでした。
おすし出てきたらビックリするけど、たぶん食券の券売機です。

P1570599

かなり歩いて、ついに開いている入口を発見!

P1570601

チケットオフィス~!!!
18時以降は30分ごとに出航するようだったので、19時半にしよう。
と思ったら、銀聯カードしか使えないとのことで、現金は足りず…がーん。

P1570613

バス停の近くにあるホテルまで戻り、両替。
もう1回子連れで歩く体力はないので、夫だけが買いに行ってくれました。
2回目は大文字で言わせていただきたい。

るるぶ、取材してないだろ!(笑)

<個人予約方法の詳細はこちら>(Travel.jpに寄稿しました)
個人手配も可能!上海の名所を巡る黄浦江遊覧船ナイトクルーズ

チケットを買えたのは17時半。
19時15分には港に戻らなくてはいけないので2時間もありません。
歩く時間が惜しいので、両替をしたホテルでタクシーを呼んでもらいました。
流しを拾うと乗車拒否されそうな距離なので、宿泊者ような顔をしてドアマンに頼みました。
お兄ちゃん、ごめん!
でもすごく親切なホテルだったので今度泊まりたい!

<インディゴホテル(上海外滩英迪格酒店)>

インディゴホテルをagodaで確認する

P1570615

次の目的地、豫園に着きました。
狙っていたレストランがあったのですが、30分待ちとのことで断念。

P1570618

というわけで、南翔饅頭店でまたまた小籠包を食べることに。

P1570619

昔一緒に働いていた上海出身の人たちは、全員ここがいちばんだと言っていました。

P1570635

1階は例によって大行列でしたが、2階のセルフサービスは空席がありました。
3階のレストランは十数年前の上海出張のときに来ましたが、2階は初めてです。

P1570620

ビール2本と春巻と小籠包3セイロ注文すると、レシートとコインを渡されました。
「2階はセルフサービス」とガイドブックにはありますが、どうすればいいのかさっぱりわかりません。
ことりっぷを手にした日本人カップルも、レジ前でしばらく考えたあと諦めて3階へ上がっていきました。
助けてあげられたらよかったのですが、この時点ではわたしも理解していなかったのです。

<2階での注文方法はこちら>(Travel.jpに寄稿しました)
地元客で賑わう2階!上海・豫園「南翔饅頭店」の絶品小籠包

P1570624

P1570628

でも無事にすべて滞りなく揃いました。

P1570630

いっただきまーす!

P1570632

スープは少なめですが、今回食べたなかでは具は断トツにおいしい。
ただ正直に言いますが、小籠包は台湾のほうが洗練されてるかなあ。

P1570637

そろそろ2階も満席。
立っているのがしんどそうなおばちゃんがいたので、座らせてあげました。

P1570640

もうすぐ終わるならここで待っててもいい?と家族が登場。
wait a moment と言っていましたが、意味はわかります。

P1570639

日本のすばらしさを伝えるべく(?)、きちんと片付けてウエットティッシュでテーブルも拭いてから去りました。
日本に対してなのかわたしたちに対してなのかわかりませんが、「わあ♡」と感動している様子は伝わりました。
よかったよかった。

P1570644

この時点で18時半。
乗り場まで歩いてどれくらいかかるかわからないし、タクシーが捕まるとは限らない…
と、わかっているのですが、せっかくなので10分くらいは豫園を歩きたいところです。

P1570650

るるぶで気になっていた切り紙屋さん。
覗くだけのつもりが、2分でできると言われたのでお願いしてみました。

P1570654

職人技!

P1570656

子どもたちだけのつもりが、お姉さんの口車に乗せられて家族全員。
息子のクオリティが異様に高い。

P1570661

4人分もやってもらったので時間が…
あと25分で港に着かなくてはなりません。

P1570662

タクシーは通らず、工事中で迂回もさせられましたが、19時15分になんとか到着。

P1570665

P1570666

いよいよ乗船です。

次ページへ続く

Pages: 1 2 3 4