【世界コスプレサミット密着記】日本にいながらロシア旅行編

Pocket

ロシア・ウラジオストクへ旅行したのは、2016年夏。

【関連記事】
・ロシア・ウラジオストクへの船旅(1)<< 序章 >>
・ロシア旅行がノービザで3万円台から!DBSフェリーの船旅がコスパ最高で楽しすぎ!

ロシア関係の旅日記や旅行ガイドを書いた縁で今年、「世界コスプレサミットに合わせて、ウラジオストクからコスプレイヤーが来るので密着してみませんか」というビックリなお誘いをいただきました。
この機会に、「ロシア人のコスプレやウラジオストクって素敵だよ~!」ということをアピールしちゃおうぜ!ってことみたいです。

ロシアにもコスプレにもまったく知識はありませんが・・・

おもしろそうなのでお引き受けすることにしました。

<Sponsored Links>



ちなみに「世界コスプレサミット」とは名古屋の夏の風物詩とも言える大イベント。
世界中から予選を勝ち抜いたコスプレイヤーが集まるのです。

規模感、これで伝わりますよね?

コスプレサミットのメインは8月5日(土)6日(日)の週末ですが、3日(木)にも犬山市の明治村でもコスプレイベントがあるということで、3日から密着させていただくことに。
11時からのショーに間に合うように来てくださいと言われ、母子3人、8時半の地下鉄で出発しました。※夏休みの平日なので子連れです。

と、ホームに着いて携帯を確認すると、今回のお誘いをくださったNさんからメールが。

1時間半ほど少し遅れます。ゆっくり来てください。

書き間違いだと思いますが、さすがにツッコみたい。

1時間半は少しじゃねぇー!

その後のやりとりで状況を整理してみると、

・ロシア美女3名とNさんを含む同伴の日本人男性2名は、福井県の敦賀から犬山へ向かっている。
・コスプレ衣装は暑いので、ロシア美女は昼間は乗り気ではない。
・ロシア美女のうちの誰かは、コスプレするよりも京都の建築が見たい。

はよいわんかい。

とは言え、これくらいのことは充分に想定内。
引き受けた理由の「おもしろそう」の一部と言ってもいいでしょう。
楽しくなってきましたねぇ。

途中で乗り継いで1時間以上、初めて降り立った犬山駅。

家を出て2時間近いのですが、ここからバスでさらに20分です。

バス停で後ろに並んでいたお兄ちゃん2人の会話が聞こえました。
「普通、犬山へようこそとかじゃない?」
「薬物汚染の街なんじゃね?」

ちなみにこれは三角柱になっていて、あとの2面は、
「お母さん 見えますか聞こえますか わたしの叫び」
「話し合う 明るい家庭に 非行なし」

明治村に到着したのは10時50分ごろ。
11時開始のショーにはなんとか間に合うかな?と思ったら、ショーの会場まではエントランスからバスで20分とのことでした・・・

ステージに到着すると、ショーは終わったところでした。残念。
解散後にスマホや立派な一眼レフで撮影をお願いしている人もけっこういましたが、お願いするのってなかなか勇気がいりますね。

でも、この方だけはどうしてもどうしても撮りたかったのでお願いしました。

カオナシさん。

こちらはちょっとした撮影会場みたいになっていたので一緒に撮らせていただきました。
細くてお美しい~

いちばん目立っていて、いろんな人に撮影をお願いされていたのはこの方。
コスプレサミットのこと何も知らないけど、優勝候補じゃないかなー。

それにしても、コスプレって思ったよりも厳しくなさそう。

世界大会ともなると、ファイナルファンタジーの世界から飛び出してきたような超人的な美男美女ばっかりなのかなーと勝手に思ってたけど、ちょっとぽっちゃりしたキキとか、サイズ感が微妙なカツラの人とかもいました。

6歳の娘も、「こんな日って知らなかったー!知ってたら、アリスの服着てきたのになー」と言っていたくらいです。

r-273

去年、娘はウラジオストクで浴衣を着たけど、コスプレもいいなあ。

街並みがヨーロッパ風なので、オシャレして行くだけでも映えそうですよね。
結婚式の前撮りとかもよさそう。
2時間ほどのフライトで行けるし、噂されているビザの緩和が待たれます。

それはさておき、ロシア美女はいつやってくるのでしょう。

お昼は一緒に食べるつもりだったけどなかなか来ないし、暑さをしのげる場所が少ないので、レストランでごはんを食べることに。

ライスを小盛りにすると100円引きになるのがありがたい。
しかも、出てくるの早いし、おいしい。

余談ですが、ウラジオストクで食べたイクラのクレープもすごくおいしかったな~!

12時半くらいになったのでそろそろ合流できるかと思いきや、Nさんから

ロシア美女のひとりが敦賀に財布を忘れて、バタバタしてました。
とりあえず僕は財布を取りに敦賀へ戻るので、4人で向わせます。

という連絡が。
残りの4人は、13時半ごろには到着するだろうということですが・・・

完全に半信半疑(笑)。

コスプレイヤーさんたちが昼休憩になって混んできたけど、もうちょっと涼みたいのでソフトクリームとホットコーヒーを追加。

13時すぎ、ねばりにねばったレストランから退散。
園内はSLも走っているのですがタイミングが合わず、京都市電で戻ることにしました。

大人500円、小学生300円。高い!!!
バスは1日乗り放題券を買っているのですが、思った以上に子どもの遊び場がないし、乗り鉄の子ども2人いるので奮発。

窓からの景色もきれいで、乗ってよかったです。

それはさておき、ロシア美女はいつやってくるのでしょう。

そろそろ着いてもいいころなのに連絡がないのでメールしてみると・・・

岐阜から普通電車に乗ってしまいました。

ええ~!?
しかもその後、Nさんからももうひとりの方からも連絡がぱったりと途絶えてしまいました。
腹が立っているわけでもイライラしているわけでもないけど(本当ですよ)、そろそろ帰りたい。

わたし「14時半のバスで帰ろか」
娘(6歳)「そうだねぇ、でも会いたいねぇ」
息子(3歳)「いつくるんだろうねぇ」

そんなに待ってたの?!(笑)

でも、14時半のバスを逃してさらに30分も待ってたら熱中症も心配です。
週末にきっと会えるよ、と言って14時20分に明治村を出て、犬山駅行きのバスに乗り込みました。

と、電話が・・・!

いまわたしたちが乗っているのは犬山駅から明治村に着いたばかりのバスだったのですが、それに乗ってきていたようです。
ようやく対面。

って、この写真、いつ誰が撮ったんだろう?
※今朝、Nさんから送られてきた写真。

バスの出発まで5分しかないけど、わたしはとりあえずアテンドの日本人の方とご挨拶。

遅くなってごめんなさい!
詳しいことは、5日に!
明日も、夕方に栄でパレードがありますのでよかったら!

あくまで腰は低く、とても感じはいいのですが、この状況で予定外のお誘いもする鉄の心臓!

見た目は日本人だけど、もはや心はロシア人。

とりいそぎ、1枚だけ写真を撮らせてもらいました。

コスプレしてないけど、美人。
美人だけど、コスプレしてない。

今朝、Nさんから送られてきた写真。

コスプレしてないけど、美人。
以下同文。

クオリティ高いだけじゃなくて午前中からこのテンションでポージングしてる隣のジョジョ(空条徐倫)、どこの国かわからないけどさすがに代表選手ですね。

ゆるいなあ~(笑)。

でも、楽しそうなのがすごくいい。
なんか、日本にいながらにして、ロシア旅行に行ってきた気分。

日本で生活してると「こんなのありえなーい!イライラするー!」って思うかもしれませんが、海外旅行ならこういうユルユルな感じもまたありだし、不都合に見舞われたわけでもない。
強いていうなら、「あと1時間は朝寝坊できたな~」っていうくらいのもの。

帰りは、息子の希望で名鉄特急に乗って少し遠回りして帰宅。
大好きな赤い名鉄特急に乗りながら、大好きなミュースカイと新幹線を見られて大喜びでした。
しかし、この期に及んで子連れで遠回りするあたり、1日でロシアに飲み込まれてしまった自分を感じます。

帰る途中、公衆電話からの着信があって、なにかと思えば携帯が充電切れになったNさんでした。
敦賀までトンボ返りさせられたNさんは、今日いちばんの受難者ですね…
夜になっても連絡が取れないので心配していたのですが、朝無事にメールが来ました。

疲れて8時に寝てました。

おーい!でも、おつかれさま(笑)。
そう言えばさっき調べると、岐阜から犬山は普通電車しかなくて30分でした。

なんで2時間もかかったのかは、いまだに謎に包まれております。

「昼ごはんやろ」(ダンナの推測)

5日の密着も、珍道中間違いなし。
続編をお楽しみに~!
いやその前に、会えることを祈っててください!

【追記】5日の様子はこちらです!
【世界コスプレサミット密着記】コスプレはやる人のためのもんだ編

【関連記事】
・ロシアのお土産は見た目で選べ!女子ウケ抜群オシャレな5品
・スーパーで生ビールお持ち帰り!?ロシアのワクワクビール事情
・こぼれイクラのクレープ!ウラジオストクで食べたいブリヌイの名店「ウフ・トゥイ・ブリン」

ぜひお気軽にフォローしてください。
※facebookのお友達申請の際はメッセージを添えてください。


<Sponsored Links>



Pocket