【レンタカー補償の基礎知識】免責加入は意味なし?NOCって?

Pocket

我が家はマイカーがないので、車で出かけるときはレンタカーを借ります。
ダンナは常に安全運転なのでいままでトラブルはなかったのですが、先日ついに車に傷をつけてしまい、2万円を請求される事態になりました。

保険は?免責は?と思う人も多いかと思いますが、この2万円はノンオペレーションチャージ(NOC)というもの。

車が使えなくなること(ノンオペレーション)に対して課される料金(チャージ)。
車の修理代は保険や免責加入でまかなえますが、修理期間中に車が使えなくなることによってお店に与える損失を弁償しなくてはならないのです。

マイカーを持たずにレンタカーやカーシェアを利用する人が増えている時代。
レンタカーの補償について、整理しておきますね。

<Sponsored Links>



<目次>

レンタカー料金に含まれる補償

では、免責加入には何の意味があるの?

でも、NOC(ノンオペレーションチャージ)は別途必要!

免責加入でNOCを回避することは絶対できないの?

レンタカーとカーシェアの違い

免責加入は必要?不要?どうすればいいの!?

車に傷でNOC2万円!我が家の体験談

違反せずに乗ることが大前提!

 

■ レンタカー料金に含まれる補償

rentacar

レンタカーの免責加入=レンタカー用の自動車保険、と思っている人が多いかもしれません。
でも、それはまず大間違い!

自動車保険という意味では、レンタカーの基本料金に含まれています。
会社によって一部違いがありますが、多くは以下のような内容です。

対人補償:1名につき無制限
対物補償:1事故につき無制限
車両補償:1事故につき車両の時価額まで
人身傷害補償(搭乗者のケガ):1名につき3000万円

※日産レンタカーは対物補償2000万、ニッポンレンタカーは3000万円です。
※ジャパンレンタカーは人身傷害補償1000万円です。
※パンク修理など、補償対象外とされている規定があります。

■ では、免責加入には何の意味があるの?

という話になりますよね。

実は上記の基本補償の対物補償と車両補償には、5万円の免責額が設定されているのです。

事故で物を壊したり車を傷つけてしまったら、5万円までは自己負担してくださいね。ということ。

免責加入は、万が一の事故の場合にこの自己負担分が0円になるということです。

※ジャパンレンタカーは対物の免責3万円、車両補償は免責0円です。

■ でも、NOC(ノンオペレーションチャージ)は別途必要!

1000円程度の免責加入で万が一の5万円が0円になるなら、それは安心ですよね。
でも免責額の5万円とは別に、NOCという料金が発生します。

傷ついたレンタカーを修理に出すと、その間はその車は貸せません。

NOC、ノンオペレーションチャージとは休業補償のこと。
基本は2万円、大きな事故で営業所まで戻れずレッカー移動が必要な場合は5万円という規定がほとんどです。

つまり、免責に加入していても万が一のときは数万円の出費が必要になるということです。

■ 免責加入でNOCを回避することは絶対できないの?

どうせ免責に加入するなら、NOCも回避したいと考えるのが消費者心理というもの。

というわけで、多くのレンタカー会社では「あんしんワイド」や「W補償」などの名前でNOCが免除される免責制度をオプションで用意しています。

料金は基本の免責額に加えて、+500円~1000円くらい。
ちなみに免責は1日あたりなので、2日借りれば2倍、3日借りれば3倍必要になります。
※長期間のレンタルの場合は、上限が設けられていることがあります。

■ レンタカーとカーシェアの違い

タイムズとオリックスを調べてみましたが、その2社のカーシェアには5万円の免責額はありません。

それはありがたいのですが、気を付けなければならないのはNOC。
レンタカーと違って返すときに車内をチェックしてもらうことができないため、忘れ物やゴミの放置によってNOCや別途料金を請求される場合があります。

なお、タイムズはNOCを免除する補償制度を用意していますが(309円/利用)、オリックスにはないようです。

■ 免責加入は必要?不要?どうすればいいの!?

yajirusi

入っていれば安心なのは間違いありませんが、とても難しいところです。
レンタカーを使うのは年に1回あるかないか、という方なら、NOCも免除になる補償に入っておいていいのではないでしょうか。

でも我が家は、強制加入のプランでない限りは免責には加入していません。

我が家がよく利用するJネットレンタカーは、標準の免責が1日1,080円、NOCも免除されるワイド補償がさらに1日1,080円です。
そして1日のレンタカー料金は、軽自動車やコンパクトカーなら4,000~5,000円。

利用機会が多いだけに、レンタカー料金の総額が毎回1.5倍になるのは厳しい。
標準の免責だけにしたところで、万が一の場合はNOCがかかる。

万が一事故を起こしてしまった場合は、免責額とNOCを払おう。

という判断です。

■ 車に傷でNOC2万円!我が家の体験談

josei

そんなわけで、何の問題もないまま10年近くレンタカー生活をしていたのですが、先日ついに傷を指摘されてしまいました。
バンパーに10センチほど傷がついているから修理に出さなければならないとのこと。

ぶつけたりこすったりした記憶はないのですがそれはともかく、ダンナとしては「いままでこれくらいの傷のある車は何度も貸されている」というところが納得できなかったようです。
また、10年利用してきて初めて、借りるときに「NOCが免除になるワイド補償に入りませんか」という勧誘があったそうで、疑心暗鬼になるのもしょうがない気がしますね。

でも、悪徳業者でないことはよくわかっています。
翌日、店長さんに電話してきちんと話をすることができました。

◇ いままでもこんな傷はあったのでは!?

「目立たない傷ですが、深い傷なので修理せざるを得ません」
「あいまいで申し訳ないのですが、傷によっては許容範囲として見逃すこともございます」

という答え。
ダンナとしても、100%は納得できないけどしょうがないか、と思える答えだったようです。

※本当は「傷によっては」の部分はもう少し具体的に教えてもらったのですが、こういうところに書くと「そこはいいんだ!」という解釈になってしまいかねないので、申し訳ありませんがちょっとぼかして書きますね。

◇ 今回だけワイド補償を勧められたんだけど!?

「最近は免許を取って日が浅い若い利用者が増えており、修理が必要な傷がついていることが多くなってきましたので、みなさまにワイド補償をおすすめするようにしています」

という答え。
若い人がマイカーを持たなくなっているので、運転が未熟な人がレンタカーを借りるケースが増えているということですね。
そんな補償があるなんて知らなかった!というトラブルを避けるためには全員に補償を勧める、というのは非常に納得できます。

◇ NOC2万円は、素直に支払いました

・・・ということで、残念ではありますがNOC2万円は納得して支払いました。
そして、免責額5万円のはずですが、修理費は請求されず。
修理費込で2万円ということでした。

「じゃあ修理費も払いますか」と言われても困るのでここは突っ込んでは聞かなかったのですが、傷の程度によってはNOCだけで勘弁してもらえることがあるようです。
(だからといって、NOCと修理費を請求されても文句を言わないようにしましょう。あくまでもレンタカー会社が判断することです)

■ 違反せずに乗ることが大前提!

補償や免責について説明してきましたが、飲酒運転や定員オーバーなど法律違反すると補償されません。
法律だけでなく、「最初に申請した運転者と違う人が運転していた場合」も対象外になる場合がありますので、運転する可能性のある人は全員申告しておくようにしましょう。

旅行に興味のある方は、ぜひお気軽にフォローしてください。
※面識のない方は、facebookはまずフォローでお願いします!


<Sponsored Links>



 

Pocket