県外出身者目線でなごやめしに対するモヤモヤを分析してみる

Pocket

名古屋に定住して十数年になりますが、ここ数年の「なごやめし」の勢いはすごいですね。
以前は「なんでも味噌(まあ、ひつまぶしはおいしそうだけど)」という半笑いの視線を感じていましたが、最近は「ごはんがおいしいイメージ」と言われることも増えました。

しかしわたしは、愛知県外の出身者としてなごやめしにいくつかのモヤモヤを抱えています。
今回はそんなモヤモヤを明確にすべく、愛を込めてごく主観的に分析していきたいと思います。

*手元に写真がないメニューに関しては、権利関係に問題のない画像を使用しています。

<目次>(あいうえお順)

あんかけスパ
海老フライ
小倉トースト
きしめん
台湾ラーメン
鉄板ナポリタン(鉄板イタリアン)
■ 手羽先
どて(どて焼き、どて煮)
ひつまぶし
みそおでん
みそかつ
みそ煮込みうどん

■ あんかけスパ

あんかけスパ

画像出典:写真AC「あんかけスパ」

【説明】

やわらかい太麺に、コショウがらいあんのかかったスパゲティ。
野菜と赤ウインナー入りの「ミラカン」などが有名。

【有名店】

スパゲッティ・ハウス・ヨコイ
スパゲティハウス・チャオ
パスタ・デ・ココ(ココイチ系列のお店)
安藤美姫さんのおじいちゃんの店
など

【主観的評価】

あんかけスパ

なごやめし度:10点

ヨコイとチャオで食べたことがありますが、コショウとうまみ調味料があいまった、素人では作り方の想像がつかないあんです。
おいしいと思うかどうかは人によりますが、つい食べ進んでしまう味。
(うまみ調味料を使っていないお店もあるでしょうが、少数派だと思います)

独特の麺料理という意味では、長崎ちゃんぽんに通じるような気がしています。
ただ、万人受けする味ではなく、野菜たっぷりでヘルシーという感じもないので、リンガーハットのように全国展開していくのは難しいかもしれません。

オススメ度:4点

おもしろいお料理だと思いますし、ハマる人はどっぷりハマるのですが、食べるのは名古屋リピーターになってからでもいかなと思います。
1回目の旅行では、レトルトをお土産に買って帰るくらいでいいのではないでしょうか。

自宅での再現しにくさ:6点

P1380951

これはわたしがヨコイのレトルトソースで作ってみたあんかけスパ。
普通の太さのスパゲッティで作るとやはりちょっと別物です。
また、クックパッドなどを見て作ったとしても、あんかけスパを食べたことがなければその味が正解なのかどうか想像がつかないでしょう。

【お土産情報】

P1380945

ヨコイのソースが売っていますが、こちらは「創業時の味」だそう。
120g入りで税込200円くらい(はかりの上で撮影したのは気まぐれです)。
ほかに、日清の冷凍食品ヨコイのソース現在の味もあります。

■ 海老フライ

エビフライ01

撮影場所:ばかたれ家(この海老フライはわたしの大好物です)

【説明】

海老の殻を剥き、小麦粉・卵・パン粉をつけて揚げた食べ物。

【有名店】

まるは食堂
など

【主観的評価】

海老フライ

なごやめし度::1点

たしかに「ゆかり」(坂角総本舗の海老せんべい)は有名な名古屋土産ですし、まるは食堂は海老フライが有名なお店です。
でも、海老フライは日本が誇る洋食。

よう言うたな。

としか言えません。

名物市長やタモリが「海老ふりゃあ」と言ったからと言って、しゃちほこが海老フライと思わせるフォルムだからと言って、なごやめしにはならないでしょう。

ただ、車海老は愛知県の県魚で、三河湾は日本有数の車海老の漁場なのだそう。
知多にある「まるは食堂」が海老フライを出すのはれっきとしたご当地グルメですね。

オススメ度:3点

海老フライが大好きでなければ、あえて名古屋で食べなくてもと思います。
でも、安くておいしい海老フライをグツグツのどてにつけていただく名古屋駅エスカ地下街の「海老どて食堂」はご当地グルメとしてオススメです。

PAP_0225

PAP_0231

自宅での再現しにくさ:1点

言わずもがな。
日本どこでも作れるし、食べられます。

【お土産情報】

エビフライサンド

画像出典:wikipedia「コンパル」(撮影者:Lombroso)

コンパルの海老フライサンドは有名です。
930円もしますが、全国展開していない名古屋の老舗喫茶なので、賞味期限内に食べられるならお土産としてテイクアウトするのもいいと思います。

■ 小倉トースト

小倉トースト09

撮影場所:コンパル(今池店)

【説明】

バタートーストにつぶあんをトッピングした食べ物。
あんこが別添えで出てくるお店もあればサンドイッチの場合もあり、さらにホイップクリームが盛られていることもあります。
コメダ珈琲店のモーニングでは小倉は+100円だったのですが、2015年からゆでたまごを小倉に換えられるようになりました。

【有名店】

小倉トースト2

どこのお店が有名ということはありませんが、鉄板小倉トーストの「喫茶神戸館」や手作りジャムやホイップと一緒に小倉をトッピングしている「かこ花車本店」(写真)など、オリジナリティのある小倉トーストがウリの喫茶店があります。

【主観的評価】

小倉トースト

なごやめし度:3点

「トーストにあんこなんて斬新!食べてみたい!」とか「なんか抵抗ある」とか言われることが多いのですが、大声で言わせていただきたいです。

あんパンやろ?

これを名物として定着させたことについては、「名古屋、うまいことやったな」と思います。

オススメ度:8点

小倉トースト単体をなごやめしと呼ぶことには抵抗がありますが、「喫茶店モーニングで小倉トースト」は名古屋らしい過ごし方だと言えると思います。

自宅での再現しにくさ:1点

小倉トーストは食パンとつぶあんがあれば作れます。
でも個人的には、赤福をトーストに塗る(もしくはホットサンドにする)のが大好きです。
タカシマヤや松坂屋なら、2個入りの赤福も売っています。

【お土産情報】

画像出典:楽天市場(井村屋:そのまま!つぶあんトッピング)

スーパーなどで、井村屋のチューブタイプのつぶあんが売られています。
北海道産小豆使用!と書かれていると、名古屋土産なのかと疑問も沸きますが、130g入りで税込210円くらい。

■ きしめん

きしめん03

撮影場所:住よし(在来線5・6番ホーム)

【説明】

平べったくて薄いうどん

【有名店】

住よし(名古屋駅ホーム)
など

【主観的評価】

きしめん

なごやめし度:4点

名古屋に来るまでは、きしめんが名古屋名物というイメージはなく、平べったいうどんは全部きしめんだと思っていました。

どん兵衛もきしめんやろ?

と、正直言うといまもそんな感じの認識です。
有名店はあるようですが、県外出身者もみんな知っているとなると「住よし」くらいです。

オススメ度:5点

先日、初めて名古屋駅の「住よし」のきしめんを食べて、350円とは思えないクオリティに驚きました(写真は玉子と海老天がトッピングされて500円)。
値段も込みで、住よしのきしめんは名古屋名物だと言えると思います。

自宅での再現しにくさ:4点

どこにでも売っているものではないという意味では再現しづらいですが、お土産で麺を買って帰って作れば普通においしいので、「名古屋でしか食べられない」という感じはあまりないです。

【お土産情報】

P1380988

駅で売っている箱入りの「宮きしめん」などもありますが、スーパーでは「名古屋駅のきしめん」や「赤からのきしめん」を売っています。
ゆでめんタイプですが、常温で持ち運びできるので、バラマキ土産としては割安で便利。
こちらは1食160円くらいですが、カップ麺(きしめんのみ)はセールだと110円くらいになります。

■ 台湾ラーメン

台湾ラーメン08

撮影場所:味仙(JR名古屋駅店)

【説明】

豚ひき肉、ニラ、もやしなどを唐辛子で炒めたものをトッピングした辛いラーメン。

【有名店】

味仙
など

【主観的評価】

台湾ラーメン

なごやめし度:9点

わたしが台湾ラーメンを知ったのは、社員食堂でした。
もう17年も前だと思うと恐ろしいのですが、当時はまだ全国的な知名度はなく、日替わりで提供されるラーメンが木曜日だけ台湾ラーメンになるのを楽しみにしていたのが昨日のことのようです。

名古屋でなくても作れる料理ですが、名古屋発祥の料理で、名古屋の中華料理店には必ず台湾ラーメンがあり、地元密着。
「台湾にはない台湾ラーメン」として知られていますが、名古屋めしの人気上昇とともに知名度を上げ、台湾在住の知人によると、「名古屋ラーメン」として台湾にあるのだそうです。

オススメ度:9点

個人的にはいちばん好きななごやめしです。
でも、味仙の台湾ラーメンはものすごく辛いので、激辛が苦手な人は無理せず辛味の薄い「アメリカン」のほうがいいかもしれません。

自宅での再現しにくさ:3点

料理ができる人なら、1回食べれば作れると思います。
材料も、日本全国どこでも手に入ります。

【お土産情報】

P1380982

カップ麺や袋めんなど、台湾ラーメンは各社が出しています。
こちらは1食150円くらいですが、5袋400円くらいの製品もあります。

【参考】台湾ラーメンから派生した「台湾系」なごやめし

人生餃子07

撮影場所:人生餃子

台湾ラーメンのトッピング(豚ひき肉、ニラ、もやしなど)を他の料理にアレンジした料理もたくさんあります。

台湾まぜそばは、もう独立したなごやめしになっている気がしますし、居酒屋のオリジナルメニューに「台湾〇〇」がよくあるのも名古屋らしいなと思います。
写真は「人生餃子」というお店の「皿台湾」で、「たびねす」にガイド記事も書かせていただいたお気に入りです。

P1420032

005

麺屋はなびの台湾まぜそばや人生餃子の皿台湾はかなりおいしいので、チルド製品を持ち運びができる状況ならお土産にもオススメです。
台湾まぜそばは1食370円くらい、皿台湾は2食360円くらい。

■ 鉄板ナポリタン(鉄板イタリアン)

鉄板ナポリタン11

撮影場所:湯楽

【説明】

鉄板の上に溶き卵を流し、その上にナポリタンを盛った料理。

【有名店】

喫茶店メニューなので、特に有名店というのはないと思います。
(少なくとも県外出身者のわたしにまで聞こえてくるほどのお店はないです)

【主観的評価】

鉄板ナポリタン

なごやめし度:3点

なぜか福岡出身のダンナの亡父の得意料理だったらしいのです。
なぜダンナの実家にこの鉄板があったのか、佐賀出身で愛知県にゆかりのない義父がなぜこの料理を作っていたのか、まったくわかりません(たぶん偶然)。

さて、食べるまでは「鉄板にナポリタン乗せただけやろ」と思っていたのですが、多くのお店ではいわゆるナポリタン(太めでやわらかい麺)ではなく細麺のアルデンテでした。
これが妙においしい。
ただ、玉子と相性がいいかというとそういう感じでもないです(うまく一緒に食べられない)。

オススメ度:2点

喫茶店メニューなので、あえてこれを求めて旅程を立てる必要はないかと思います。
でも、和コメダの「おかげ庵」に抹茶シロノワールを食べに行く方は、ここでランチに鉄板ナポリタンやあんかけスパを食べてみるのもいいと思います。

自宅での再現しにくさ:5点

味として似たようなものは家で作れますが、見た目のかわいらしさを再現するのは難しいです。

【お土産情報】

P1380944

鉄板が付いていないし、ソフト麺ですが、スーパーには売っています。
1食160円くらい。
パッケージがかわいいので、子どもへのお土産にはいいかと思います。

■ 手羽先

手羽先10

撮影場所:山東飯店

【説明】

鶏の手羽先を揚げた料理。
焼いたり煮たりした手羽先を提供している居酒屋も多いです。

【有名店】

世界のやまちゃん
風来坊
つばさや
など

【主観的評価】

手羽先

なごやめし度:6点

ただの鶏料理なので、それを名古屋名物と呼ぶことには個人的に抵抗があります。
しかも有名店の手羽先はコショウが強すぎて鶏肉を味わうという感じでもありません。

でも名古屋に住んで10年以上経ち、手羽先という部位が関西時代よりなじみ深いものになっていることは否定できません。
サイゼリヤの辛味チキンをこんなにきれいに食べられるようになったのは、やはり名古屋に住んでいるおかげだと言えるでしょう。

P1590596

P1590598

P1590600

オススメ度:8点

手羽先を食べる機会は名古屋以外では少ないので、名古屋旅行中に一度は食べていただきたいなと思います。
有名店をひととおり制覇したら、おいしい居酒屋や中華料理店の手羽先を食べてみてください。

自宅での再現しにくさ:7点

作ろうと思えば誰でも作れますが、「家で骨付きを揚げる」というのはなかなかハードルが高いです。
家では、手羽煮かオーブン焼きばかり作っています。

【お土産情報】

P1380831

キヨスクには手羽先味のスナック菓子が売っていますが、「うみゃーっ手羽」も手軽でおいしいお土産として重宝ます。
写真はスーパーに売っている味仙の手羽煮用のタレで、230円くらい。
寿がきやもフライパンでできる手羽先のタレを出しています。

■ どて(どて焼き、どて煮)

世界の山ちゃん『どてめし』うますぎ!

画像出典:世界の山ちゃん『どてめし』うますぎ!

【説明】

普通のおでんにみそだれをつける家庭でのみそおでんに対し、お店のみそおでんは煮汁自体がみそ味。
具材は煮汁がしみこんでまっくろに見えるもので、こちらは「どて」「どて焼き」とも呼ばれています。

【有名店】

島正
など

【主観的評価】

どて

なごやめし度:9点

専門店のみそおでん屋さんには行ったことがありません。
そこまで有名ではないからというよりも、逆にどっぷりローカル過ぎて行ったことがないという感じです。

でも居酒屋で、牛すじやホルモンをを豆味噌と砂糖で煮込んだ「どて」がメニューにあると頼みます。
味は濃いですがくどさはなく、カロリーを気にしつつも箸が止まりません。

オススメ度:3点

牛すじやホルモンが好きな人は機会があればどて煮を食べてみてください。
大根などのおでんは、名古屋に慣れてからでもいいように思います。

自宅での再現しにくさ:4点

豆みそは全国で手に入るので、作ろうと思えば作れます。

【お土産情報】

持って帰れるものではないので、お土産となるとチューブタイプのみそだれ(つけてみそかけてみそ)になってしまうかと思います。

■ ひつまぶし

ひつまぶし04

画像出典:写真AC「鰻の蒲焼き」

【説明】

おひつに盛られた鰻ごはんを、1杯目はそのまま、2杯目は薬味で、3杯目はお茶漬けでいただく料理。

【有名店】

あつた蓬莱軒
いば昇
しら河
うな富士
まるや
など

【主観的評価】

ひつまぶし

なごやめし度:7点

オリジナリティあふれる鰻の食べ方で、高級感や特別感もあります。
名古屋自体は鰻の産地ではなく、鰻は全国どこでも手に入る食材ではありますが、名古屋人それぞれにお気に入りがあるという有名店の多さを見ても、名古屋は鰻料理になじみ深い土地なのだなと実感します。

ただ、10年以上名古屋に住んで思うのは、数年に1回奮発して鰻を食べるなら、ひつまぶしのように刻まれた鰻ではなく大きくカットされた鰻重か鰻丼を食べたいということです。

オススメ度:10点

鰻は全国のスーパーで手に入るとは言え、高級食材。
旅行というきっかけでもないとなかなか奮発できないと思うので、名古屋旅行で食べるのはオススメです。

自宅での再現しにくさ:3点

鰻が手に入ればひつまぶしは作れますが、そうそう買えない食材という意味では再現しにくい面があります。

【お土産情報】

画像出典:楽天市場(長登屋:ひつまぶしの里茶漬け)

ひつまぶしセットのようなお土産は見かけませんが、ひつまぶし風味のお茶漬けはキヨスクでよく見かけます。
けっこうおいしかった記憶があります。

■ みそおでん

Hiking Mount Takao 味噌おでん(高尾山)

画像出典:Hiking Mount Takao 味噌おでん(高尾山)

【説明】

名古屋のコンビニでおでんを買うと「からし or みそだれ」を選びます。
家庭のおでんでもみそだれは一般に使われているようです(ママ友談)。

*お店屋さんのみそおでんは、「どて、どて焼き」を参照。

【主観的評価】

みそおでん

なごやめし度:4点

おでんにみそだれは、普通においしいと思います。
なす田楽や豆腐田楽が好きなら気に入る味ですし、そこまで斬新な感じはしません。
ただ、「コンビニのおでんを買ってみそだれが付く」というのは、名古屋ならではです。

オススメ度:3点

「冬に名古屋旅行をして、寝る前にホテルで軽く一杯」というタイミングがあれば、コンビニでおでんとお酒を買うのもいいかなと思います。

自宅での再現しにくさ:3点

「つけてみそかけてみそ」は、関西の実家近くのスーパーでも見かけました。
みそだれは手作りもできるので、再現は簡単です。

【お土産情報】

画像出典:楽天市場(ナカモ:つけてみそかけてみそプレミアム)

最近では全国に売っている「つけてみそかけてみそ」ですが、名古屋ではプレミアムやマイルドも売っています。
普通のは400gで320円くらいですが、プレミアムは300gで430円くらい。
うまみ調味料は不使用で、高級なみりん(九重みりん)やごまを使っているのだそうです。

■ みそかつ

みそカツ05

撮影場所:すゞろ 

【説明】

とんかつに甘いみそだれをたっぷりかけた料理。
みそそのものではなく、みそだれです。

【有名店】

矢場とん
など

【主観的評価】

みそかつ2

なごやめし度:8点

名古屋に来るまでは「ソースの代わりにみそ」だと思っていたのですが、衣が見えないほどだくだくにかかっているみそだれを見ると、別の料理だなと思えました。

一方、田楽みそのチューブをぴゅっとかけただけのとんかつや、みそだれに浸した鶏串カツを「みそかつ串」として出しているお店もよく見かけますし、ほとんどみそ味のしない「みそカツサンド」もよく売っています。
そのアバウトさ、裾野の広さこそ地元になじんでいる証という感じがします。

オススメ度:7点

見た目はくどそうですが食べてみると意外においしいので、とんかつが好きなら食わず嫌いはもったいないです。
お刺身をうっかり醤油皿に落としてしまうと「うげっ」と思いますが、食べてみるとヅケとは違うのにそれはそれでおいしかったりしますよね。
強引に例えるならあんな感じです。

自宅での再現しにくさ:4点

本格的なみそかつをイチから作るのは難しいかもしれませんが、みそだれを購入すれば家でも簡単に再現できます。

【お土産情報】

画像出典:楽天市場(矢場とん:みそだれ)

矢場とんではお土産用のみそだれを販売しています。
名古屋駅のタカシマヤ内にはお持ち帰り専門の矢場とんがありますが、名古屋駅エスカ地下街の「矢場とん」でもテイクアウトができます。
「お弁当用ではなく矢場とんを持ち帰りたい」と思うなら、エスカがオススメです。

■ みそ煮込みうどん

みそ煮込みうどん06

画像出典:写真AC「味噌煮込みうどん」

【説明】

濃い味噌ベースの汁で噛みごたえのある固いうどんを煮込んだ料理です。
土鍋で提供されることが多いです。

【有名店】

山本屋本店
山本屋総本家
など

【主観的評価】

みそ煮込みうどん

なごやめし度:10点

県外出身者全員が思うことをわたしも思います。

生煮えですか?

正直、それ以上の感想はありませんが、独特の食文化という意味ではなごやめしの中で最も突出している気がします。

ちなみに近所のスーパーのフードコートには「当店のみそ煮込みうどんはやわらかく食べやすいです」という貼り紙があり、名古屋の人でも食べやすいわけではないんだなとわかりました。

オススメ度:4点

好みが分かれる料理ですし、うどんにしてはけっこう高いので、強くオススメはできません。
2回目、3回目の名古屋訪問でのチャレンジでも遅くないと思います。
ただ最近、山本屋本店に「味噌鍋」なる、みそ煮込みうどんともつ鍋がコラボした鍋があると知り、俄然気になっています。

自宅での再現しにくさ:7点

麺を買えば似たものは作れると思いますが、一人用の土鍋で絶妙な生煮え(?)にして、全員がアツアツの状態で食べ始めるのはかなり難しいと思います。

【お土産情報】

画像出典:楽天市場(寿がきや:みそ煮込みうどん)

袋めんからチルド、カップ麺まで、寿がきやがいろいろ出しています。
でも、インスタント麺のみそ煮込みうどんは本物とは全然違うので(写真は撮り忘れましたが、食べました)、バラマキ土産的に買う感じです。
本格的なみそ煮込みうどんを買って帰りたいなら、山本屋などの専門店で買うことをオススメします。

■ 総合評価

最後に、総合点を合計してみます。

1位(21点):台湾ラーメン、手羽先、みそ煮込みうどん

2位(20点):あんかけスパ、ひつまぶし

3位(19点):みそかつ

4位(16点):どて(どて焼き、どて煮)

5位(13点):きしめん

6位(11点):小倉トースト

7位(10点):鉄板ナポリタン(鉄板イタリアン)、みそおでん

8位(4点):海老フライ

自由につけたら、あんまりバラけずに同点が多くなってしまいました。
面白味に欠けるので微調整しようかとも思ったのですが(笑)、仕事ではないのでそのままにしておきます。

個人的には台湾ラーメンに1位を取ってほしかったのですが、作ろうと思えば日本のどこにいても簡単に作れますからね…
みそ煮込みうどんやあんかけスパは個人的には推していなかったのですが、「名古屋でしか食べられない」という意味ではやはり「なごやめし」として存在感があるんですね。
と、自分で点数をつけて気づきました(笑)。
小倉トーストやナポリタンなど、家でも作れそうな料理はおいしくても下位になった感じです。

好き勝手に評価して、すっきりしました。
モヤモヤも含めて、なごやめしへの愛着が深まったような気もします。

ちなみに海老フライは料理としては大好きです!

レゴランドもできましたし、名古屋に起こしの際はおいしいなごやめしを☆

名古屋に興味のある方は、ぜひお気軽にフォローしてください。
※面識のない方は、facebookはまずフォローでお願いします!


<Sponsored Links>



Pocket