【コインランドリー活用術】洗濯が終わるまでが旅行です。

「おうちに帰るまでが遠足です」

小中学生のころ、遠足の最後に先生が必ず言っていたお約束のひとこと。
しかし大人になり、家族ができた今となっては、おうちに帰っても遠足(旅行)は終わりません。

「洗濯が終わるまでが旅行です」

ほんとこれ。
1回では終わらない量の洗濯物を見ると、楽しかった旅行の記憶がかすむほどです。

でも、我が家には強い味方がいます。

■ 旅行の最終目的地は、コインランドリー

20161130-006

そうです、旅行の最後にコインランドリーに寄るのです。
おうちに帰るまでに洗濯を済ませてしまえば、「荷物を片付けるまでが旅行です」で済むのです。

20161130-004

乾いた洗濯物をカゴに入れて持って帰る人のほうが多いのですが、我が家は畳んでから帰ります。
家に帰って作業が残っているとやっぱりゲンナリしてしまうからです。
下着類は周りに見えないようにササッと袋に突っ込みつつ、みんなで畳めば早い!

洗濯乾燥の使用料は1,000円くらい。
もともと旅行は散財するものなので、オプション料金1,000円で洗濯を済ませる感じですね。
旅行が楽になるオプション1,000円という意味では、こちらも便利です☆
1,000円で配送!ANA快速宅空便(JAL宅配便サービス)が超便利

■ なんといっても、洗濯乾燥機の登場が画期的

20161130-002

数年前までのコインランドリーは、洗濯機と乾燥機が分かれていたので洗濯後に乾燥機に移す必要がありました。
それぞれ約30分ずつなので洗濯中にどこかに出かけるには少し慌ただしく、待つには長く…というわけで、旅行帰りに使うことはほとんどありませんでした。

でも、一気に乾燥まで終わる「洗濯乾燥機」もあるコインランドリーが少しずつ増えています。
これだと1時間くらいなのでゆっくりスーパーにも行けますし、先日の旅行では近くのくら寿司で晩ごはんを食べました。
帰りのごはんまで終わってしまうって最高!(白子ポン酢好き)

20161130-009

■旅行 翌日に行くときは、乾燥機だけの利用も便利

20161130-001

旅行帰りに行ければベストですが、旅行の荷物を宅配便で送っているときなどは洗濯は翌日以降になります。
そんなときは、家で脱水まで済ませた洗濯物をコインランドリーで乾燥させるというとのもアリ。
もちろん洗濯乾燥機を使ってもいいのですが、洗濯乾燥機は1000円前後、乾燥だけだと10分100円くらいなので300~400円で済みます。
「干して取り込む」という手間を省略できるだけでもかなり違います。

【料金の目安】(名古屋市内の某コインランドリー)
・洗濯&乾燥・・・10kg:900円、16㎏:1,200円
・乾燥・・・13㎏:10分100円、25㎏:8分100円

■ カフェランチより、ランドリーランチがお得かも

20161130-004

少し前までのコインランドリーは、古びた建物に薄暗い蛍光灯で、入りづらい感じの店舗も多かった気がします。
でも、最近ではタワーマンションの住民も使うくらいですから明るい雰囲気になりました。

洗濯が終わるのを待つためのコーナーも明るく、もちろん空調も完備されています。
先日、ふと思いました。

「カフェでランチするより、おいしいパン買って洗濯中に本を読むほうがいいかも」

と。
カフェランチよりもランドリーランチの時代が来るかもしれませんね。

【2018年12月追記】
…と書いたのが2016年11月なのですが、実際に増え始め、2018年現在、フランチャイズ展開しているお店も!
ランドリーカフェ
わたしが思いつくようなことは、誰かがやりますよね。

ぜひお気軽にフォローしてください。
⇒ facebookはこちら
⇒ Twitterはこちら

更新情報をお知らせするLINE@も始めました!
登録者の情報はこちらには届きませんので、お気軽に。

友だち追加