ロシア・ウラジオストクへの船旅(3)<<ウラジオストク編>>

【4日目】2016年8月16日(火)

おはようございます。
ゆっくり寝て、朝食ブッフェへ行きます。ヨーロピアンな感じ!

r-176

パンは、そんなにおいしくなさそうですが…

r-177

ブリヌイ(クレープ)があります!

r-178

ピラフとポテト。

r-179

ゆで卵に、ブロッコリー&カリフラワー。

r-180

ハム、チーズ、きゅうりなど。
海外の朝食ブッフェで、ここまで野菜があるのは珍しいですね。

r-181

ネスカフェのマシンがありましたが、エスプレッソとかアメリカンとかはなんとなくわかります。
いちばん下を適当に押したらココアが出てきて、5歳児歓喜。

r-182

英語を見ても、なんのジュースかさっぱりわかりません。
sea buckthornは海のものではなく、グミ科の果物のようです。⇒ウィキペディア
Stewd fruitに至っては、ジャムと言われても。

r-183

morse currantも、ベリー系の果物のようです。
どれもなんか、薄い感じのジュース。

r-184

ブリヌイと野菜、ソーセージ。

r-185

イカの入った煮物(?)、これはすごくおいしかった。

r-186

食後、5歳児と2人でスーパーへお土産の買い出しへ。
このホテルは、数年前のAPECのために建てられたものの間に合わず放置されているとの噂。

r-187

お土産を買いに、と言いつつ、お目当ては昨日気になっていたコレ!

r-188

予想通り、ペットボトルに生ビールを入れてくれました!
これで250円くらい。

r-189

ロシアのビール事情については、Travel.jpに旅行ガイドを寄稿しています。
スーパーで生ビールお持ち帰り!?ロシアのワクワクビール事情

イクラ味(右)とか、気になるスナックがいろいろ。

r-190

ビールのほかにチョコレートやウォッカなどを買って戻ると、2歳児が「クローゼットでエレベーターごっこ」を繰り返していました。

r-191

洗濯も終わっている~♪

r-192

そこへ、16時にシベリア鉄道に乗るはずのAちゃんからLINE。

「駅に時間を確認しにいくと、23時でした」

なんともロシアっぽいエピソード。朝の11時じゃなくて本当によかった。

というわけで、今日も18時レーニン像でごはんを食べにいくことに。
16時にお見送りに行くかもしれないDさんが気がかりですが、連絡先がわかりません…

そして昼前、ようやく街歩きに出かけます。
できることなら鷲巣展望台という見晴らしのいいところへ行きたいのですが、「ウラジオストクのタクシーはメーターがなくて観光客は乗りこなしにくいからやめておけ」と韓国人ツアコンCさんから聞いていたので、まずはそちらを目指して歩いて行けそうなら行ってみようか、という感じでスタート。

r-193

ヨーロッパ!!!

r-194

ヨーロッパ!!!

r-195

歩かない2歳児は肩車メインです。

r-196

誰だろう。

r-197

寄ってみたかった「花屋通り」。

r-199

市場の中は、お花屋さんばかりです。

r-200

r-201

青い菊、ちょっと怖いけどきれい!

r-202

バラ~♪

r-203

かわいい雑貨屋さんもありました。

r-204

花は買わず、かわいいバルーンを購入して花屋通り終了。

r-205

ウラジオストクには、かわいらしい薄緑色のビルもいくつかありました。

r-206

教会の近くに来たので、寄ってみます。

r-207

翼のない飛行機のバルーンを持ってはしゃぐ2歳児。

r-208

噴水でもないみたいだけど、なんだろう?誰だろう?(2回目)

r-209

海の近くに、軍艦。

r-210

ロシア正教の教会(Chapel of St. Andrew)もこじんまりとかわいらしいですね。
と、ここでわたしが手に持っていたはずのガイドブックの切り抜き(行く予定の店と地図)がどこにもないことに気付く…

r-211

さきほど2歳児がはしゃいでいた場所に戻ると、

落ちてるーーー!!!
信じられない感じで落ちてるーーー!!!

r-212

でも、なぜか地図だけが飛んで行ったらしくどうしても見つからず。
あと1日、地図なしで過ごすことになりました(部屋に戻ればタブレットはありますが)。

さっきまでこうやってちゃんと持ってたのに。いろいろ持ちすぎてたのがよくないのか。

r-278

この時点で歩き疲れているし地図もないので展望台は諦めることにし、お昼ごはん。
そのへんにあったハンバーガー屋さんに入りました。

r-213

買ってあげたいキッズセット(左下)は、売り切れとのこと。
いつから売り切れなんだってツッコミたくなるところです。

r-214

かわいいとは言い難い魚が泳いでおります。

r-215

ハンバーガーセットと、ピザセット。ピザの見た目すごい。
味はそう悪くないと夫は言っていましたが、わたしは見た目でちょっと無理でした。

r-216

ハンバーガー、パンも具も冷たい!でも、

「これはハンバーガーではない。サンドイッチだと思えばおかしくない」

夫、強し。

r-217

カフェコーナーが別にあったのでコーヒーを頼んでみました。
シナモンをかけるのがロシア風なのか、かけていいよと言うと(ジェスチャーでの会話)、店員の女の子がとても嬉しそうでした。

r-218

あまりにも食べるものがなかったので、近くにあるピロシキがおいしいカフェにも寄ることに。
って、あの屋根の上の人、誰?

r-219

ズーム。
明らかに工事関係者には見えません。
危ない動画で死んじゃったりする類のユーチューバーでしょうか。

r-220

グム百貨店内にあるカフェ「ドゥシェチカ(Dushechka)」に到着。


>> TripAdvisor (トリップアドバイザー)

r-221

r-222

やっぱりケーキはこんな感じ、なぜシメジ?

r-223

これがおいしいとクチコミのあったピロシキ。
「さっきのピザと大して変わらない味」と、夫。

r-224

うーん・・・
揚げたてアツアツのおいしいピロシキが食べられるお店ってないのでしょうか。

r-225

駅前の売店にもピロシキやパンはあるんですが、こちらはチャレンジせず。
マクドナルドを反対にしただけのロゴが気になります。

r-226

ウラジオストク駅に戻って、電車を見学。
駅の中は特急の切符を持っているしか入れないのか、行けませんでした。
ホームには行けるんですけど…よくわかりません。

r-227

r-228

小雨がパラついてきたので、散歩中に買っておいた傘をさしました。
模様はかわいく、ワンタッチで簡単に開くのですが、閉めるのが一苦労の傘。
お腹に突き刺す切腹ポーズでしか閉じられません。

ロシアのかわいいお土産については、Travel.jpに寄稿しています。
女子心を鷲掴み!見た目で選ぶオシャレなロシアお土産

r-230

「まさに世界の車窓から!」
とか言っていると、お見送りにきたDさんに遭遇。
夜の出発だったと伝えることができてよかった!
Dさんはその後、夜中の出発のお見送りにも行ったそうです。
優しい。そして、どんだけシベリア鉄道の出発見たいねん…

r-231

18時までは1時間ほどあるので、駅前の「REPUBLIC」でビールを飲むことに。


>> TripAdvisor (トリップアドバイザー)

r-232

ビール大好きDさんも一緒です。
ここで醸造しているわけではないようですが、ここもオリジナルっぽいですね。
3種類ともおいしかった~!

r-233

r-234

r-235

イカリングかオニオンリングかわからず頼んで、オニオンでした。

r-236

そして18時、またまた6人集合。

r-238

今晩から1週間シベリア鉄道に乗り、1ヶ月間ロシア旅行をするAちゃんへのDさんからのプレゼント。
ホテルのアメニティというのが気が利いてる!

r-239

目指すは、ウラジオストクのオシャレスポット、アドミラーラ・フォーキナー通りです。

r-240

r-241

完全にヨーロッパ!!!(そればっかり)

r-242

r-243

噴水がシンボルです。

r-244

まだ明るいですが、18時なので夕食。ブリヌイ専門店「ウフ・トゥイ・ブリン(Ukh Ty Blin)」です。


>> TripAdvisor (トリップアドバイザー)

r-246

r-250

天井から吊るされたマトリョーシカ!

r-248

店内にあるお花もかわいい。

r-249

メニューはいろいろありますが、「キャビア」を注文。
黒だといいな、とほんのり期待しましたが、さすがにレッドキャビアですね。

r-251

イクラだけ食べる2歳児!

r-252

これは定番、間違いなくおいしいサーモン&クリームチーズ&ディル。
ディルってなんでこんなにサーモンと合うんでしょう。
ホテルのブリヌイもおいしかったけど、やっぱり専門店のはクオリティ高いです。

r-253

きのこ女子は、きのこ&チーズをもりもり。
子どもたちは、ブリヌイのおかげで炭水化物不足にならずに済んだとも言えます。

r-255

さすが18歳、「デザートも食べちゃおうかな」と、アップル入りのアイストッピングもぺろり。
昨日のロシア料理と1枚目はおじさんたちのおごりでしたが、これは自腹で~♪
(「払います払います」ってめんどくさくなく「いいんですか?ありがとうございまーす」とおごられてくれるコミュ力の高いAちゃんでした。子どもが小さいだけで、年齢的にわたしたちは親世代ですからね)

r-257

子どもたちは、チョコアイスのキャラメルソースがけを。
ハーシーのチョコシロップというかマクドナルドのチョコシェイクというか、わたしはけっこう好きなのですが、ほとんどカカオが入ってないような人工的な味のチョコアイスです。

r-258

うっとり。

r-259

お腹に余裕がなかったのですが、ミルクレープも気になるところ。
今度はミルクレープも食べよう。

r-254

こちらのお店については、Travel.jpに寄稿しています。
こぼれイクラのクレープ!ウラジオストクで食べたいブリヌイの名店「ウフ・トゥイ・ブリン」

お店を出ると、夕焼けが始まっていました。

r-260

r-261

r-262

カメラのロマンチックモードでも1枚。
この向こうは海です。
AちゃんとDさんは昼間にお散歩で海のほうまで行っていたそうで(もちろん別々に)、賑やかでとても良かったとのこと。
カニも食べられるらしいし、今度は海にも行かなくては!

r-263

みんなでスーパーに行き、

r-264

わたしたちのホテルの前で今度こそお別れ。
電車の時間まで駅で待つというAちゃんを、Dさんが駅まで送って行ってくれました。
そして余談ですが、偶然にもDさんの隣の部屋は、日本人大好き&お酒大好き&おしゃべり大好きな韓国人ツアコンCさんで、2晩連続一緒に飲んだのだそうです。

r-266

朝までに乾きそうだったので、お風呂後に洗濯。

r-267

子どもたちが寝た後、昨日の黒ビールを飲んでからおやすみなさい。
もう明日は帰る日です。

次ページへ続く)

Pages: 1 2 3