レゴランド名古屋、当日困らないための攻略方法

Pocket

013

4月1日、名古屋の金城ふ頭に誕生するレゴランドジャパン。
我が家は第一期の発売時に年パスを買ったので、3月18~21日のプレビューデーに行くことができました。
子どもたちがすっかりハマり、なんと18、19日、21日と3日間も!

グランドオープン後の混雑状況はまだわかりませんが、ひとまず知っておくと役立ちそうなことをまとめておきます。

だだだっと箇条書きですがご了承くださいませ。
(時間に余裕ができたら、目次をつけて見やすく整えます。ごめんなさい!)

<Sponsored Links>



■ 電車の方は、金城ふ頭駅を出て右方向へ

010

金城ふ頭駅からレゴランドジャパンの入口までは徒歩5分ほど。
来週以降はわかりませんが、意外なほど案内が出ていません。
ただ、レゴランドジャパンのシンボル的な存在である「オブザベーション・タワー」は駅から見えるので、そちらに進んでいくと迷うことはありません。

011

012

駅の改札を出たらまず右方向へ進み、ファニチャードームの横を通り抜け、駐車場の精算機が右手側に見えたら左折、メーカーズ・ピアという門前町的な商業エリアを抜けると来年できる水族館とホテルの大きな看板が見えます。こちらの右側がレゴランドジャパンの入口です。

■ 車の方は、駐車場3階が狙い目

駐車場はファニチャードームに隣接しています。
平日1日1,000円、休日1,500円という非常に良心的な値段。
あおなみ線の名古屋~金城ふ頭は往復700円なので、高速代などを考えなければ車はお得です。
駐車場の3階は、メーカーズ・ピアに向かう歩道橋につながっています。
早い時間に行かないと埋まりそうですが、狙い目は3階です。

■ トイレは、園外にもあります

002

朝イチの入口は、けっこう並んでいるという話です(わたしは午後13時ごろ行きました)。
小さなお子さんなら行列中にトイレに行きたくなることもあると思いますが、エントランスに向かって右側にトイレがあります。

■ ATMは外にしかないかも?

ATMは、エントランスと園外トイレの間にありました。
園内マップには掲載がなかったので、現金が必要な方はこちらでおろしておくと安心です。
(レストランやお土産物屋さんではクレジットカードが使えます)

■ 入場したらまずすること4つ

◇ 園内マップを手に入れましょう

プレビュー時は、入場のときにマップを渡してくれるというサービスはありませんでした。
マップがないわけではないので、スタッフに聞いてまずゲットしましょう。

◇ 水筒を持っていない人は、水・お茶を購入しましょう

001

2017年5月19日、レゴランドジャパンは水筒の持ち込みを許可すると発表しました。
しかし、カン、ビン、ペットボトルは以前として禁止されています。
水筒を持ち込まなかった人は、入場したらまず自動販売機でお水かお茶を買っておきましょう。

エントランス周辺に自動販売機はなく、最も近いのは「アドベンチャー」というエリア内にあります。
レゴポテトを売っている「オアシス・スナック」というお店に向かって右側。
「オアシス・スナック」の行列の人で隠れてしまっていますが、行列をかき分けて進みましょう。

【追記】
5月に入って暑くなったため、各所に自動販売機が増設されました。
また、スタッフが通路で直接飲み物を売る特設の露店のような場所も数ヶ所あり、飲み物を買うために長く並ばなくてもよい配慮はされています。

◇ 「クリエイティブ・ワークショップ」を予約しましょう

003

028

レゴのの作り方をレクチャーしてもらえる「クリエイティブ・ワークショップ」と「ロボティック・センター」は人数が少ないため、早々に予約が埋まってしまいます。
正式オープン後は、朝イチでダッシュしないといけない状況になるのではないでしょうか。
対象年齢は3歳から小学6年生、年齢別に4クラスに分かれた約45分の講座です。

◇ お菓子のお土産を買いましょう

お菓子類のお土産は数量限定で、あっという間に売り切れてしまうようです。
チョコレートやキャンディなどですが、欲しい人はまずエントランス横の「ビッグショップ」へ行きましょう。

■ 行列のルールについて

◇ 一般のチケットでは、ファストパスや優先入場はない

グランドオープン時点では、ファストパスのような優先入場のシステムはありません。
ですが、「グランドオープン後の優先入場権付き年パス」が販売されていたので、一部のアトラクションでは優先入場している人を見かけるかもしれません。

また、JTBでホテルと1DAYパスを手配すると「サブマリン・アドベンチャー」に優先入場できたり、他のアトラクションにも優先的に乗れる「スキップ・パス」を購入できたりします。

詳しくはこちらにまとめてありますので、まだホテルを決めていない人は参考にしてみてください。
レゴランドジャパンのファストパス(スキップパス)や優先入場は、JTB限定

◇「最初から最後までグループ全員で並ぶ」。まずトイレへ!

オープンと同時にパパだけがダッシュして「サブマリン・アドベンチャー」に並ぼう、と考えているご家庭もあるかもしれません。
でも、レゴランドジャパンの行列は「グループ全員が揃ってから」ということになっています。
また、途中で誰かが抜けることも許されないので、子どもが途中でトイレに行きたい、のどが渇いたと言ったら悲劇。
待ち時間に長いアトラクションに並ぶ場合は、まずトイレを済ませること、ペットボトルの水・お茶を確保しておくことが重要です。

3~4歳のお子さんなら、うまくいいくるめていっそオムツで行くという手もあります。
エントランス横の「コーナー・ショップ」には、マミーポコ(BIG)、マミーポコ(L)が600円(税込)で売っています。

◇ 大人1人に子ども複数人の場合

レゴランドジャパンには「130センチ未満の子ども1人に対し、大人1人の付き添い」という条件のアトラクションがかなりあります。
ちょっと困ってしまうのが、大人1人で複数人の子どもを連れている場合。

この場合は特別措置として、1人目の子どものアトラクション終了後すぐに、2人目の子どもと乗ることができます。
但し、乗っていないほうの子どもが1人で待てることが条件。
「ブリック・パーティ(メリーゴーランド)」など常に視界に入るアトラクションなら3歳でもギリギリ行けそうですが、基本的には下の子が4~5歳でないと難しそうです。
「サブマリン・アドベンチャー」はなんだかんだで10分以上かかるので、淋しがり屋のお子さんなら小学生でも心配ですね。

■ 7つに分かれたエリアを把握しておくと効率的

レゴランドジャパンは7つのエリアに分かれています。
概略は「たびねす」に寄稿していますので、よろしければご確認ください。
名古屋「レゴランド(R)・ジャパン」の基本のき!7つの主要エリアを把握しよう

■ 特に見逃せないスポットについて

006

ミニチュアのレゴで日本の名所を作ってある「ミニランド」のなかでも、ナゴヤドームは必見!
その他、レゴ好きな大人としては見逃せないポイントは「たびねす」に寄稿しています。
レゴ(R)・マニアはここから!名古屋「レゴランド(R)・ジャパン」で攻めるべきアトラクション

■ ショーやパレードについて

025

TDRやUSJのような大規模で華やかなパレードはありません。
でも、子ども向けのちょっとしたショーは園内で行われています。
対象年齢としては、「おかあさんといっしょ」くらい。

021

着ぐるみのキャラクターも登場します。

ほかに、「レゴ・ニンジャゴー・ライブ」ではニンジャショーが、「パレスシネマ」では水しぶきなどがかかる4D映画が上演されます。
基本的には途中退出禁止ですが、お子さんが途中で怖がってしまったら許してくれるとのことです。

■ 待ち時間なし!並ばずに遊べるプレイエリア

親としては少々もったいないと思ってしまいましが、小さな子どもの場合はアトラクションよりもプレイエリアで充分楽しめます。

◇ 公園的な場所

032

「デュプロ・プレー」「ザ・ワーフ」「キャスタウェイ・キャンプ」「ファラオ・リベンジ」は、子どものための遊び場です。
「デュプロ・プレー」は最も赤ちゃん向け、「ファラオ・リベンジ」は最も対象年齢が高い(と言っても小学校3年生くらい?)です。

◇ レゴで遊べる場所

005

「レゴ・シティー・ポリス・ビルディング・エクスペリエンス」「シークレット・チャンバー・オブ・アムセトラ」など、随所にレゴで遊べる場所があります。

030

「ビルド+テスト」には、タッチパネル上で組み立てるレゴなど、いろんな仕掛けも用意されています。

032

「クラブハウス」は、ラブリーなミニフィグ(人形)が多く、女の子でも大喜び!

■ アトラクションの対象年齢について

022

たぶん、みなさんが思っている以上に子ども向けです。
いちばん怖い「ザ・ドラゴン」でも、360度の回転はしません(写真はより小さい子向けの「ドラゴン・アプレンティス」)。
アトラクションの時間も予想以上に短いです。
待ち時間を少しでも短く、子どもたちが飽きずに楽しめるように、怖くなってしまった子の恐怖が長続きしないように、という配慮なのだと思います。

■ フードについて

全部を制覇したわけではないのですが、わかっている範囲で…

◇ レゴポテト
033
やっぱり食べたいレゴポテト、かなりの行列になっていました。
でも17時の閉園間際になるとかなり空いていて、これは待ち時間3分でゲット。
「できれば食べたい」くらいの人は、あえて最後にしてみるのもいいと思います。

◇ レゴピノ

レゴポテトほどではありませんが、そこそこ並んでいました。
でもこれも、閉園間際は空いていました。

◇ ナイトテーブル・レストラン

020

きしめん&おすしのセットで1,400円(年パスで1割引)。
お子さまランチ的なセットは1,200円くらいするので、とても2人分は出せない~!
という我が家のようなご家庭には、子ども2人分の食事としておすすめです。

019

小倉フレンチトースト400円(年パスで1割引)。
普通においしいし、このボリュームでレゴポテト(450円)より安い。
これはコスパNo.1ではないでしょうか。

018

オープンサンドは1,000円(年パスで1割引)。
ローストビーフ1,700円よりもコスパはいいし、大人の軽めのランチにはいいと思います。
見た目よりパンがやわらかめなので、子どもとシェアもできます。

◇ コーラルリーフ・ピッツア・アンド・パスタビュッフェ

「アドベンチャー」エリアにある、ブッフェレストランです。
ピザ、パスタ、ソフトドリンクが飲み食べ放題で大人1,860円、3~12歳1,180円。
大人の男性や食べ盛りのお子さんは、「ナイトテーブル・レストラン」でいろいろ食べるよりもこちらのほうがいいような気がします。

わたしの記事ではありませんが、こちらにレポートがあります。
レゴランド名古屋のピッツア・パスタビュッフェ・コーラルリーフなら満腹に

ほかにもハンバーガーショップなどがあります。
全体的に高くてジャンクフード系なので、年パスを持っている人はお昼はいったん外に出て、パーク前のメーカーズ・ピアで食べるほうがいいかと思います。

■ お土産について

◇ お菓子類のお土産

005

TDRやUSJのお土産として定番の個包装のチョコやあられみたいなお土産は、まだ数量限定らしく、すぐに売り切れてしまいます。
チョコレートやキャンディですが、欲しい人は入場したらまず「ビッグショップ」で買っておきましょう。

◇ 文字入りのキーチェーン

001

「ピック・ア・ブリック」というお土産屋さんで扱っています。
掲示されている待ち時間は注文してから受取りまでの所要時間で、その間ずっとそこで待っている必要はありません。

入店しても注文の仕方がよくわからないので、とりあえず店員さんに声をかけましょう。

1.好みの色のキーチェーンを選ぶ。
2.用紙をもらって、刻印してもらいたい文字を記入する(片面500円、両面800円)。
3.レジに並んでお金を払う。
4.引換券をもらう。
5.指定された時間に引き取りに行く。

という流れです。
レジの左列が受取用とのことでしたが、あいまいな感じなので並ぶ前に確認するほうがいいです。

*料金は刻印のための料金なので、キーチェーン代の700円は別に要ります。
*トラブルも多いようで、指定時間に行くとできていない、作り忘れている、といった場合があります。
「あと45分で帰らないといけないけど、30分待ちだからイケる!」みたいな危ない橋は渡らないようにしましょう。

◇ ミニフィグ(人形)は3体1,200円

004

好みのパーツを選んでミニフィグを作ることができます。
こちらは「ミニフィギュア・マーケット」で、3体1,200円。

作ったミニフィグは大事に持ち帰るのもいいですが、スタッフの名札についているミニフィグを交換することもできます。
小さなお子さんは「交換してください」とお願いするコミュニケーションを楽しめますね。
自宅にあるミニフィグを持参しても構いません。

◇ 雑貨はものすごくかわいい

雑貨はかわいいです。でも、すごく高いです。
ソルト&ペッパーケース(800円)がいちばん安いくらい。
でも、特にかわいいと思った商品の写真を並べておきます。

003

004

002

006

◇ バラまける土産はとても少ない

008

お菓子のお土産が買えない場合、バラマキ土産はほぼ諦める感じになります。
キーチェーンは1個700円、文具や食器はすごくかわいいですが、とにかく高い。
レゴに興味がない人にミニフィグ1体あげてもしょうがないし…となると、友達に配るお土産はそうそう買えません。

レゴランド隣接の商業施設「メイカーズピア」にあるココイチにはレゴ仕様のレトルトカレー(店舗限定)が258円なので、何人かに配るときはこちらのほうがコスパがいいと思います。

<関連記事>
名古屋レゴランドジャパンのオススメ土産は、ココイチにあり!

◇ 女の子向けのお店は「ハートレイク・ショップ」

001

唯一、ラブリーなお土産が揃っているのが「ハートレイク・ショップ」です。
ぬいぐるみなどもありますので、小さな女の子向けのお土産を買いたいならそちらへどうぞ。

■ 赤ちゃん対応について

レゴランドジャパンは、赤ちゃん対応がかなりしっかりしています。
赤ちゃん対応の施設や赤ちゃんでも乗れるアトラクションの詳細については、「たびねす」に寄稿しています。
これで安心!赤ちゃん連れのための名古屋「レゴランド(R)・ジャパン」案内

■ 女の子の遊び場について

女の子だからラブリーなものが好きなはず!レゴに興味がないはず!
とは全く思っていませんが(実際、うちの娘はレゴ好きの鉄道マニアです)、女の子のきょうだいを連れて行っても楽しめるのか心配している方もいらっしゃるかもしれません。

こちらも、「たびねす」に寄稿して解説しています。
女の子だって楽しめる!名古屋「レゴランド(R)ジャパン」のキュートな魅力

 

■ 午後から行く予定の方へ

029

レゴランドジャパンの前にある商業施設「メーカーズ・ピア」には、人工芝の芝生があります。
中で食べるのはお金もかかるし、行列も心配だな~という方は、ここでお弁当を食べてもいいと思います。
「メーカーズ・ピア」でテイクアウトした商品も食べられます。

■ レゴランドジャパンは年パスがお得、当日に変更も可能

023

レゴランドジャパンの大きさは東京ドーム2.5個分とかなり小さいです。
でも、子連れは移動が大変なので、ちょうどよい大きさだと感じました。
「もう1回あのしまうま見たい!」と言われて、すぐに戻れるのは本当に助かります。

でも、狭いだけにワンデーパス(大人6,900円、子ども5,300円)には割高感があります。
当日中に差額を支払えば年パスに変更することができるので、「年パスのほうがお得だな」と思ったら、変更してもいいと思います。

わたしの記事ではありませんが、こちらのブログに詳しく書かれています。
レゴランドに行くなら1DAYパスから年パスにアップグレードする方法もあるよ

■ ガイドブックはあるほうがいいです

ガイドブックはかなり品薄状態のようですね。
公式サイトの情報はまだまだ少ないのですが、こちらにはフォトスポットやフードの情報などもかなり細かく書いてありました。
ワンデーパスで行く方は特に、ガイドブックで予習しておくほうがいいと思います。

ではでは、レゴランドジャパンで楽しい1日を!

<関連記事>
レゴランドジャパンは高すぎる?プレに3回訪問した感想

レゴランドジャパンに興味のある方、ぜひお気軽にフォローしてください。
※facebookのお友達申請の際はメッセージを添えてください。


<Sponsored Links>



Pocket