ビール好きによる検証!主要銘柄5種「第三のビール」を飲み比べ

Pocket

発泡酒「スーパーホップス」のまずさに衝撃を受けたのは1990年代のこと。
でも今や、我が家の定番は「麦とホップ」、たまに「クリアアサヒ」。
ビールと同じ酒税にする動きがあるようですが、酒造メーカーには「開発費返せ!」という裁判を起こしてもらいたいほどです。

<Sponsored Links>



さて、一時期は「ビールと間違えるほどのうまさ」がウリだった「麦とホップ」ですが、リニューアルされてから少々味が変わったような気もします(おいしすぎて「黒ラベル」が売れなくなったから味を落としたという噂も)。
一方、サラッとしすぎな印象だった「クリアアサヒ」が少し濃くなったような気がしないでもありません。
実際どれくらい違うのかが気になって、先日比べてみました。

20170220-01

うーん、似てる!

20170220-20

で、ここまでやると、ほかも気になってくるのが酒飲みのサガ。
主要銘柄で比べてみましょう。
週末の夜を待って、ダンナと2人でレッツ、飲み比べ!

■ 原材料の比較

まずは、原材料から比べてみます。

商品名 原料 アルコール度数
KIRIN のどごし生 ホップ、糖類、大豆たんぱく、酵母エキス 5%
ASAHI プライムリッチ 発泡酒(麦芽、ホップ、大麦、コーン、スターチ)、スピリッツ(大麦) 6%
ASAHI クリアアサヒ 発泡酒(麦芽、ホップ、大麦、コーン、スターチ)、スピリッツ(大麦) 5%
SUNTORY 金麦 発泡酒(麦芽、ホップ、糖類)、スピリッツ(小麦 5%
SAPPORO 麦とホップ 発泡酒(麦芽、ホップ、大麦)、スピリッツ(大麦) 5%

原材料だけ見ると、「のどごし生」だけが全然違いますね。
なんといっても、麦芽が入ってない!!!
第三のなかで「のどこし生」がいちばんビールっぽくなくて苦手だと思っていたのですが、原料の比較で見ると納得です。

ほかの原材料は似ていますが、「プライムリッチ」と「クリアアサヒ」はコーンとスターチ(コーンスターチ)入り。
「金麦」は小麦スピリッツで糖類入りの発泡酒が使われています。
原料として最もシンプルなのは「麦とホップ」と言えそうです。

度数は、プライムリッチだけが1%高く、6%となっています。

※「金麦糖質75%オフ」と「キリン澄みきり」はコンビニになかったので参戦できず。

■ まずは缶で飲んでみよう

20170220-21

さっそく飲もう~、と飲み口を手前に並べていて、ふと気づきました。
「のどごし生」だけラベル印刷が適当ですね。どうでもいいことですが。

20170220-28

さて、いよいよ飲んでいきます。まずは缶から直接です。

□ のどごし生

2人「全然苦くない」「発売当時よりマシになってる」
わたし「この独特の味は大豆たんぱく?酵母エキス??」

□ プライムリッチ

2人「薄い!!!!」「6%とは信じられない」

□ クリアアサヒ

2人「ちょっと苦い」「おいしい」「でもビールっぽい後味はない」

□ 金麦

2人「クリアアサヒに似てるけど苦みはない」
ダンナ「けっこう好き」
わたし「クリアアサヒのほうが好き。小麦ビールそんなに好きじゃないからかな」

□ 麦とホップ

2人「苦いし、後味もビールっぽい」「やっぱりいちばんおいしい」

<結論>
「麦とホップ」はいちばん安定感のあるビールっぽさ。
でも「金麦」と「クリアアサヒ」もかなりおいしくなってる。

■ 次はコップで飲んでみよう

20170220-22

検尿感が否めませんが、続いてはコップで飲んでみます。
見た目は、プライムリッチだけが少し濃いですね。

□ のどごし生

わたし「ビールというより炭酸飲料みたい」
2人「コップで飲むとさらにおいしくない」

□ プライムリッチ

2人「缶よりもちょっと苦みを感じる」「コップに入れるほうがおいしい」

□ クリアアサヒ

2人「ぬるくなってきてるのに、変な味がしなくて飲みやすい」

□ 金麦

2人「缶よりもちょっと苦みを感じる」「コップに入れるほうがおいしい」

□ 麦とホップ

2人「缶の印象と変わらない味」
ダンナ「コップに入れて比べると、金麦との違いがわからない」

□ もう一度、のどごし生

2人「そんなにおいしくないけど、まずっ!って感じがしなくなってきた」

□ もう一度、プライムリッチ

2人「なんかおいしい気がする」

<結論>
「のどごし生」以外は、コップに入れて飲む方がおいしい。
飲酒量が缶1本を超えてくると、違いはわかるけどどれもそこそこおいしく感じてくる。

■ 目をつぶって飲んでみよう(ダンナ編)

20170220-29

先入観に惑わされている可能性があるので、目を閉じて飲んでもらいましょう。
いちばん好きなはずの「麦とホップ」とその他を比べてもらいます(缶)。
「のどごし生」はラベル印刷がズレているので、正面から撮るとズレますね(どうでもいいと言いながら2回言う)。

□ ①のどごし生 VS ②麦とホップ

「断然②」

□ ①プライムリッチ VS ②麦とホップ

「あんまり違いがわからんけど、②のほうが濃くておいしいかも」

□ ①クリアアサヒ VS ②麦とホップ

「あんまり違いがわからんけど、①のほうがおいしい」

□ ①金麦 VS ②麦とホップ

「①のほうが薄い。味はおいしい。迷う。でも②かな」

<結論>
1位クリアアサヒ、2位麦とホップ、3位金麦。
このときはかなりぬるくなってきているので、その差もあるかもしれません。
クリアアサヒは、ぬるくなっても飲みやすいのが特長でした。

■ 目をつぶって飲んでみよう(ERIKO編)

20170220-30

次はわたしがコップで、と思っていると、3歳児が協力を申し出ました。
お風呂あがりのすっぴんがオッサンのようで恐縮ですが(眉毛だけは描きました)、こんな感じで流し込まれ続けます。
こぼれてる!

①と②はどっちがいい?
じゃあそれと③はどっちがいい?
・・・という、簡易的な勝ち抜き戦でした。

詳細は省きますが(というか、慌ただしすぎてダンナがメモしてる余裕までなかった)、なんと!優勝は!

のどごし生!

あまりの展開に驚きですが、ここでハッと気づきました。

商品名:のどこし生
商品名:のどこし生
商品名:のどこし生

ダンナもゴクゴク飲んでみて、この結果に納得。
いままでまずいと感じていたのは、一口の量が少なすぎたことと、飲み比べだからと口の中でじっくり味を確かめていたからだったようです。
缶よりコップのほうがまずいと感じたのも、一口の量がさらに少なくなったせいなのかも。

<結論>
ぐおおおーっと流し込むと、「のどごし生」がいちばんおいしい。
まさに、のどごし。※コップは関係ない結論

■ 総まとめ

というわけで、ハチャメチャではありましたが一応結果をまとめてみます。
主観での飲み比べなので、当然まとめも主観ですのでご容赦を。

□ のどごし生

 

お風呂あがりやバーベキューで、ぐびぐび飲むならオススメ。
食事と一緒にゆっくり飲むにはあまり向かないかも。

□ プライムリッチ

 

まずくはないけど、いまいち特徴がつかめず。
アルコール度数が高いほうがいい、という人にはオススメ。
ぬるくなっても味が変わらないので、ゆっくり飲む人にはいいと思います。

□ クリアアサヒ

 

小麦ビールよりも大麦ビールのほうが好きで、ビールの苦みが苦手な人にオススメ。
プライムリッチ同様、ぬるくなっても味が変わらないので、ゆっくり飲む人にいいと思います。
※今回の飲み比べとは関係ないですが、個人的にはスナック菓子にいちばん合うのはクリアアサヒな気がしています。

□ 金麦

 

小麦ビールが好きで、ビールの苦みが苦手な人にオススメ。

□ 麦とホップ

いちばんビールに近いので、ビールの苦みを感じたい人にオススメ。
原料もいちばんシンプル。

<関連記事>

ビール好きによる検証!主要銘柄7種「発泡酒」を飲み比べ

ビール好きによる検証!主要銘柄7種「ビール」を飲み比べ

リニューアルで味が変わった!新プレモルと旧プレモルを飲み比べ

ビール好きの方は、ぜひお気軽にフォローしてください。
※facebookのお友達申請の際はメッセージを添えてください。


<Sponsored Links>


Pocket